人気ブログランキング |

NYでおなじみの週刊NYさんがメルマガですばらしい記事を書いてくれました。
三浦さん、有難う御座います!

【週刊NY生活メールマガジン第440号】(2013/4/27)

みなさん、こんにちは。今週の書評のページBOOKS(16面)でご紹介している私の友人、板越ジョージさんの著書『結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか?』は、コンテンツ産業の時代に突入している世界経済の中において、日本が目指すべき一つの方向を示唆する興味深い本です。

アメリカでも人気の高い日本のアニメ、さぞ、世界各国でも受け入れられて、日本経済再生の外貨の稼ぎ頭として貢献しているのだろうと思っていましたが、どうやらそうでもないようなのです。

日本動画協会のアニメ産業レポートによると、日本製アニメの海外売り上げは2005年の312億9200万円をピークに下がり続け、2011年には160億1600万円に半減しています。それは日本以外のアジアからの参入増大という側面もありますが、日本の政府が国策としてアニメ産業の育成に取り組んでいないことにどうやら原因があるようです。

筆者の板越さんは、日本の産業構造の見直しや、国際競争力を高めるためのビジネス戦略の転換が必要であると説きます。

アニメ産業の規模は1兆3393億円と、自動車産業の業界規模45兆2286億円、家電産業の61兆9286億円に比べはるかに小さい。すごい、すごいと脚光を浴びているわりには儲けが少ないのです。

売り上げで自動車産業の40分の1、家電産業の60分の1程度の市場規模しかないアニメが、日本経済を牽引していく次世代の産業の柱になるかどうかはわかりませんが、少なくとも知的財産を守って育成していく骨組みはどうしたって作っていかなくてはならないでしょう。

学生時代、青学の漫研にいた自称漫画青年の私にとっても、日本漫画の行く末は他人事ではありません。でも、この本を読んでの一番の発見は、ついこの間までルールをぶっ壊す側にいたストリートスマートの代表格と思っていた板越さんが、いつのまにか客員研究員として中央大学の教壇に立つアカデミックスマートに変身してルールを作る立場に軸足を移していたことでしょうか。

人っていうのは、年齢に応じて、社会への影響の与え方も形を変えてくるものなのですね。本質的には中味は変わらないのにメッセージの発信の仕方が変わる。面白いなと思いました。

それでは、みなさん、よい週末を。(「週刊NY生活」発行人兼CEO 三浦良一)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
●□●□● 「週刊NY生活」メールマガジン ●□●□●
○■○■○ No.440 2013/4/27号 ○■○■○
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
今週号のデジタル版がアップロードされましたのでお知らせ致します。

■デジタルはここをクリック
www.nyseikatsu.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ★☆新刊のお知らせ☆★

 新書 「結局、日本のアニメ・マンガは儲かってるの?」
  板越ジョージ著、発行元:ディスカヴァー・トゥエンティワン

日本全国書店、全米の紀伊國屋書店、三省堂書店でも販売中!
電子書籍版も同時発売。

アマゾンで購入(本、電子版)

by amedorinewyork | 2013-04-27 10:45 | 著書より抜粋

「結局、日本のアニメ・マンガは儲かってるの?」の電子書籍版が早くも販売開始になりました。

よろしくお願いします!!

販売情報はこちらをクリックしてください。

f0088456_20533143.jpg

by amedorinewyork | 2013-04-20 20:54 | 著書より抜粋

新刊は4月12日に発刊されます。

私は、今まで起業家として常識や規制をぶち壊すという立場でしたが、今度はルールをつくる立場になりたいと思っています。使われる立場から使う立場。ルールを従う立場からルールをつくる立場に。結局このままでは、また、日本はいいものをつくっても、アメリカのシステムやルールによって、コンテンツ業界が牛耳られてしまい、お金を儲けることができなくなります。

日本は、システムをつくり、ルールをつくる立場にならないと、いつまでたっても「ものをつくるだけの国」になってしまいます。

日本のコンテンツ産業は、アメリカに次ぐ世界第2位の競争力です。アニメ、マンガがアメリカや海外でどうビジネスを展開していったらよいかという、私なりの解決策の提案をさせていただきました。この解決策は、アニメやマンガ業界だけに限ったことではなく、これを総称するコンテンツ産業への提案にもなっています。今後、コンテンツ産業が外貨を稼ぐ産業として、おおいに成長することを期待しています。
(「おわりに」より)

現在、予約アマゾンなどで受付販売中です!
こちらから

f0088456_095080.jpg

by amedorinewyork | 2013-04-06 00:12 | 著書より抜粋

新刊の「おわりに」はこんなことを書きました。

アメリカ生活が長いので、私がアメリカの実例などを挙げて話をすると、すぐに「おまえはアメリカかぶれだ」「そんなにアメリカが一番だと思っているのか」「日本人の魂がわからないのか」といった反論があります。正直、このような偏見はたいへん残念なことです。日本を飛び出して海外に住むと、いっそう日本のよさがわかり、日本が大好きになるという経験する方も多いかと思います。

さらに、中国やアジアの諸国をまわってみると、あらためて、日本人はアジア人であるが、ほかのアジア諸国とはまったく違う価値観を持つ、よくもわるくもガラパゴス化された「奇跡の国」だと思っています。私は日本人であることに深く誇りを持っています。そして、海外の人々に日本の素晴らしさを伝えていく使命感を強く持っています。

書店発売は4月15日頃です。アマゾンで予約受付しています!
こちらからどうぞ!

f0088456_221198.jpg

by amedorinewyork | 2013-04-03 22:12 | 著書より抜粋

新刊がすでにアマゾンで予約販売を開始していていました!

タイトルは「結局、日本のアニメ・マンガは儲かってるの?」です。4月5日搬入予定と聞いています。

タイトルは「アニメ・マンガ」となっていますが、アニメやマンガのコンテンツ産業のみならず、
これからの日本の向かうべきグローバル戦略に関して私なりの意見を述べてます。

なので、この業界にかかわっていない方にも是非読んで頂きたいと思っております。


  本書の目次より
   はじめに
日本最大の輸出産業は「日本文化」
    第1章
日本のアニメ、マンガは今でも最強なのか?
    第2章
海外で人気のアニメ、マンガが、なぜビジネスにつながらないのか?
    第3章
アメリカのコミック戦略
    第4章
コンテンツ産業の未来予想
    第5章
アニメ、マンガで収益を上げるには?
イタゴシの7段階戦略モデル
   おわりに
これからの日本のグローバル戦略と知的財産

こちらから予約をどうぞ!!

f0088456_2341795.jpg

by amedorinewyork | 2013-03-31 23:43 | 著書より抜粋

高知県立坂本龍馬記念館だより「飛騰」に寄稿しました。


コラム・龍馬のこと
「巡り巡って龍馬がNYへ」


 気がつけばアメリカに渡って24年。日本ではいわゆる落ちこぼれのレッテルをはられ、高校を卒業後、日本を飛び出して「ビッグになる」と意気込んでアメリカに渡った。坂本龍馬との出会いは、その留学先で『竜馬がゆく』を読んだことだった。

 私心を持たず自由人である龍馬に憧れを抱いた。アメリカの大学の寮には日本から送ってもらった龍馬のポスターを貼ったほどだった。私がいたのはサウスカロライナというアメリカ南部の田舎町。当時南部地区ではまだ人種差別があり、アジア人はオリエンタル人と言われ差別をされていた。白人というだけでなぜ偉いのか、アメリカ人に負けてたまるかと龍馬のポスターを眺めていた頃を懐かしく思い出す。

 当初は国際政治の舞台に憧れ、大学を卒業後は外交機関に就職をしようと思っていた。しかし、このまま外交官を目指すよりもっと自由な世界を駆け巡りたいと思い、NYの出版社に就職。1年後、アメリカではアマゾンやヤフーが産声をあげ、いわゆるネットベンチャーの黎明期が始まった。その機運の中、私もNYで起業。事業は順調に行き、数億円の投資金を元手に史上最年少上場に王手をかけた。しかし、9・11同時多発テロがとどめとなり会社を潰してしまった。奇しくも33歳で暗殺された龍馬と同い年だった。

 昨夏、高知に初めて足を踏み入れた。こんなに遠くから龍馬はアメリカに思いを馳せたのかと感慨にふける。その後私は約10年かけて復活した。気がつけばこの間、たくさんの人々に助けられた。そして、これからはNYで頑張る日本人を応援したいと思うようになった。NYには10万人近い日本人が滞在しているが、その日本人同士での交流は極めて希薄。当時、日本人の間では富裕な駐在員と現地に渡った私のような日本人との間には差別的なものがあった。NYにいる日本人が屈託なく助け合える場を作りたいと始めたのがNY異業種交流会。昨年の9月でテロからちょうど10年目に100回を迎え、念願であったNY日本人会館(JaNet会館)を5番街に構えることができた。そんな折に、今回の龍馬NYイベントが降って湧いてきた偶然に不思議な縁とタイミングを感じずにはいられない。願わくは、龍馬のような人材をここNYから輩出できるよう邁進したい。

f0088456_133353.jpg




mixi,Facebook,twitterで情報をアップしています。
"georgeitagoshi"(facebook, twitter)、"ニューヨーク会"(mixi) 」で検索して下さい。気軽に申請を!

by amedorinewyork | 2012-04-28 01:18 | 著書より抜粋

2月14日にポプラ社より企画協力本が発刊しました。

f0088456_19179.jpg



これは「人」としてとても尊敬できる千住さんを、より多くの方々に知って頂きたいと思い、
1年かけて千住さんと出版社の方々と一緒にインタビューを重ね、半年の編集期間を
かけて作った著書です。

先月は、この本の原版となる児童書(小中学生)が発刊され、
そして昨日一般書版としても発刊されました。

芸術というと何か難しいことに感じるかもしれませんが、実はもっとも身近にある存在で
あるということに気がつかれるかもしれません。

是非、全国の書店でお手に取ってください。
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=80007230


一般書
「わたしが芸術について語るなら 」
千住 博/著

企画協力:板越ジョージ
発行元:ポプラ社

サイズ:18.5cm x 12cm
ページ数:174ページ
グレード:一般
ジャンル:一般書
定価:1,155円 (本体: 1,100円)


千住博 ウキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%BD%8F%E5%8D%9A
慶應義塾幼稚舎・慶應義塾普通部・慶應義塾高等学校を経て、2浪後、1982年(昭和57年)、東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。修了作品は東京藝術大学買上。1987年(昭和62年)、同大学院博士課程修了。終了作品は東京大学買上。卒業とともに個展、展覧会で精力的に作品を発表。1994年(平成6年)、第7回MOA岡田茂吉賞、絵画部門優秀賞受賞(2002年(平成14年)、第13回MOA岡田茂吉賞大賞受賞)。1995年(平成7年)、創立100周年のヴェネツィア・ビエンナーレで27年ぶりに日本人として優秀賞を受賞。2000年(平成12年)、河北倫明賞受賞。2002年(平成14年)大徳寺聚光院別院襖絵完成。2006年(平成18年)フィラデルフィア松風荘襖絵(ウォーターフォールシリーズ)完成。

現在、京都造形芸術大学学長・同国際芸術研究センター所長、同付属康耀堂美術館館長。ニューヨーク在住。日本画の存在やその技法を世界に認知させ、真の国際性をもった芸術領域にすべく、講演や著述等世界的視野で幅広い活動を行っている。主な著書に、『絵の心』(世界文化社)、『美は時を越える』(日本放送出版協会)、『疑問符としての芸術』(宮島達男との対談:美術年鑑社)、『日本画から世界画へ』(対談集:美術年鑑社)、『ヴェネツィア日誌』(求龍堂)、『星の降る夜に』(富山房)などがある。

弟は作曲家の千住明、妹はヴァイオリニストの千住真理子。父は千住鎮雄。母は教育評論家の千住文子。




mixi,Facebook,twitterやってます。「ニューヨーク会(mixi) georgeitagoshi(facebook, twitter)」で検索して下さい。気軽に申請を!

日米イベント情報
第93回 月例ニューヨーク異業種交流会  ゲスト:庄野真代氏 2月18日(金)
第19回 東京NYアメ★ドリ交流会 講師:奥山由美氏 3月18日(金)
ニューヨーク・ビジネスセミナー「電子書籍」大原ケイ氏  2月23日(水)

過去の映像はYoutubeにアップしてます!

アメリカ会社設立など、米国進出お手伝いします詳しくはこちらから

応援クリックお願いします!←応援クリックお願いします!

by amedorinewyork | 2011-02-17 01:13 | 著書より抜粋

本日、ポプラ社より私が企画協力をした本が発刊されました。

半年間取材をして約1年半かけてしっかりと作った本です。
f0088456_15212925.jpg


未来のおとなへ語る(10)
わたしが芸術について語るなら
千住 博/著

発行:ポプラ社
企画協力:板越ジョージ

サイズ:19.5cm x 13.5cm
ページ数:213ページ
グレード:小学校高学年~
定価:1,365円 (本体: 1,300円)

http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=40680100

です。

この本は、「未来のおとなへ語る」シリーズで学校図書館を中心に配本される予定です。
もちろん、本日1月19日から全国の本屋さんで発売されます。

正義についてやなせたかしさん、リーダーについて中曽根元首相、冒険について三浦雄一郎さん、死について山折哲雄さん、情報について松岡正剛などそうそうたるかたのシリーズ本です。

芸術に関して難しく書いた方ではなく、千住さんらしいわかりやす言葉で
綴られた本です。

大人の方でも必見の本なので、日本におすみのかたは是非
お手にとって見てください。


応援クリックお願いします!←応援クリックお願いします!

mixi,Facebook,twitterやってます。「ニューヨーク会(mixi) georgeitagoshi(facebook, twitter)」で検索して下さい。気軽に申請を!

イベント情報
第92回 月例ニューヨーク異業種交流会  1月28日(金)
過去の映像はYoutubeにアップしてます!

アメリカ会社設立など、米国進出お手伝いします詳しくはこちらから

by amedorinewyork | 2011-01-19 15:30 | 著書より抜粋

意外な人が有名

ニューヨークで誰が一番有名な日本人なのだろう。かつてNY在住でコメディークラブで地道にライブをやっていた友人のお笑い芸人、長井秀和さんが、色々と聞いて回ったら意外なことが分かったと言う。彼曰く「せいぜいビートルズを解散させたオノ・ヨーコだろうと」おもっていたところ、あの大食いフードファイターの小林尊さんが一番アメリカ人の中で知られていると言うことだった。

小林さんとは、毎夏、ニューヨークの夏の風物詩として、七月四日の独立記念日に開催される「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」で六連続ぶっちぎりの一位という記録を達成した。あの独特のホットドッグの食べ方はアメリカ人の脳裏に焼きついているらしい。驚異的な早さでアメリカ人の巨漢たちに勝ってアメリカ人たちを驚かせていた。私もアメリカ人に「コヒヤシ知ってる?」と聞かれ、「は?」と思ったが、よく聞いたらその小林さんのことだったということがあった。

そんな長井さんの毎週出演していた、ニューヨークの老舗コメディークラブへ友人の鍛冶真起さんと一緒に行った事がある。鍛冶さんは、数字パズルの「数独」をの名付け親。数独は海外では「SUDOKU」と呼ばれ、ニューヨークでは知らない人がいないほどの人気のゲームである。

簡単に言ってしまえばクロスワードパズルの数字版のようなものだ。日本ではブームにならなかったが、ある外国人のパズルファンが夢中になり、パズルを掲載した新聞をイギリスのタイムズ社に提案した。そのうちアメリカでもニューヨーク・ポスト紙が二〇〇五年四月に掲載をはじめたちまち人気が出たと言う。すでにアメリカの主要紙の半分以上が掲載している。

そういえば友人の家に遊びに行くと、休日の午前中は父親がリビングのソファでくつろぎながら老眼鏡をかけてSUDOKUをやっていた。また、ある学生から聞いた話だが、図書館に置かれた学生が利用できるプリンターに長い列ができていた。一番前に居る明らかに学生ではないホームレスのようなおばさんが長時間陣取って何枚もプリントアウトしていたのはインターネット上のSUDOKUだったという。テスト前で切羽つまった学生たちを尻目に、タダでゲームをゲットしていたのだ。

もともとアメリカ人はクロスワードが大好き。コメディークラブでそのクラブに行った時、長井さんがコメディークラブの人々に「この人は数独のゴッドファーザーだ」と紹介したら、写真やサイン攻めにあったほどだ。どうやらニューヨークでは、日本での有名人というよりは、ちょっと意外な線が人気なようだ。しかしながら結局一番有名なのは、ピカチューやキティちゃんなのだろうか。


応援クリックお願いします!←応援クリックお願いします!

mixi,Facebook,twitterやってます。「ニューヨーク会(mixi) georgeitagoshi(facebook, twitter)」で検索して下さい。気軽に申請を!

日米イベント情報

26,27回NYビジネスセミナー11月22日,29日
第90回 月例ニューヨーク異業種交流会  11月19日(金)
第17回 東京NYアメ★ドリ交流会  12月10日(金)
過去の映像はYoutubeにアップしてます!

アメリカ会社設立など、米国進出お手伝いします詳しくはこちらから

by amedorinewyork | 2010-11-20 05:40 | 著書より抜粋

とにかく、どこかの会社にもぐりこむための77のヒント
                               より抜粋

ストリートスマート11 沈黙は金ではない。注目された方が勝ち
他人とは違う履歴書をつくれ


どう考えても不思議なのは、日本の履歴書である。

確かに、学歴は書いてある。しかし、それだけなのである。趣味や資格といった欄もないではないが、
これは、付け足しだ。

最近、日本の会社にも登場しているが、

 「当社では、学歴はいっさい採用基準にいたしません」

 という場合だったら、この学歴しかない履歴書はいったいなんの役に立つのだろう。

 アメリカの履歴書は、これとはまるで違う。

 なにが、書いてあるかというと「私は、これこれの仕事をやり、こういった成果を上げました」と、
えんえんと書いてある。

 たとえば、

 「大学卒業後、某新聞社の広告部門に就職。大手クライアントの〇〇社、××社などを獲得、
部門の売り上げ目標達成に大きく貢献し、社長賞を授与される。五年後に、販売会社に転職、
営業部門の管理職として、前年比三十パーセントの売り上げ率増加を達成・・・・・」

 といった具合である。

 「私の能力はこんなにあります。私を採用すれば、あなたの会社のお役にたちますよ」
ということが十分アピールされている。

 もちろん、かなりオーバーに書いてあるから、それなりに割り引いて考えねばならないが、
とにかく具体的である。

 日本人も、アメリカ人の、この厚顔(こうがん)無恥(むち)のアピールぶりを、ぜひ学んでほしい。

 就職試験、面接は、しょせん自己の売り込みなのである。

 ここで、「恥ずかしい」「ずうずうしい」などと考えていては、最初の第一歩で負けてしまう。

 僕は子供の頃から「もうこの人には一生会わない」と思い、
「恥ずかし」がらず、ズケズケ物事を言ってきた。

 もちろん、ただただ積極性を売り込むだけでは芸がない。

 超プラス思考で、自分のいい点、能力をなるべく具体的に記述し、それを履歴書の中に、
できるだけ盛り込むのである。

 普通でない履歴書をつくりあげよう。

 ただし、長々と書くだけでは芸がない。経営者は忙しい。
その点を配慮し、要点をまとめたカバーレターを表に付けておけば、これも、また目立つ。

 沈黙は金ではない。ひとつでも、ふたつでも多く発言し、注目されたほうが勝ちなのである。

とにかくどこかの会社にもぐりこむための77のヒント 扶桑社刊 1998年
(P40-41)
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4594025986/
http://amedori.net/about/kanren_77.htm

応援クリックお願いします!←応援クリックお願いします!

mixiやってます。「ニューヨーク会」で検索して下さい。気軽にマイミク申請を!

日米イベント情報
第10回 東京NYアメ★ドリ交流会  4月16日(金)
大橋弘昌氏 NY州弁護士、「負けない交渉術」著者


ビジネスセミナー 4月21日(水) @東京・赤坂</a>

第1回 大阪NYアメ★ドリ交流会  4月22日(木)
藤崎仁美氏 「なぜ普通のサラリーマンが、たった1年でアメリカで起業を成功できたのか」


第83回 月例ニューヨーク異業種交流会  4月30日(金)
ゲスト:りばてぃ「ニューヨークの遊び方」著者


過去の映像はYoutubeにアップしてます!

アメリカ会社設立など、米国進出お手伝いします詳しくはこちらから

by amedorinewyork | 2010-04-15 09:49 | 著書より抜粋