人気ブログランキング |

連載 「ニューヨーカーの条件」 5

 幸運を引き寄せる圧倒的な努力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私の自宅近くに、2年以内にレストランが3回潰れた場所がある。
そこに06年11月、LAを拠点としたおまかせ寿司専門「佐々舟」
がオープンした。

いわくつきのこの場所に、アメリカ人にはまだ馴染みの薄いおま
かせ専門の寿司屋をオープンするなんて無謀だと、誰もが思って
いた。

LAの店から暖簾わけしたオーナーシェフの高橋賢二さんは私の
親友の友人であり、昨年の我が家の新年会にも参加して頂いた。

私に出会う直前に、オープンしてまもない店が、ニューヨークタ
イムスのレビューに大々的に紹介されたと言う。それまでは一日
数人の来店客だったが、掲載後は予約の電話が鳴り止まなかった
と嬉しそうに話していた。

こんな競争の激しいNYで、なんと運のよい人だと思った。

それから一年後、今年もまた新年会で再会した。少し疲れている
ようだったが覇気があり、どこか安堵感と自信が感じられた。

新年の挨拶のあと、近況を訪ねた。「最近少し疲れました。週6
日、4時半から仕入れに行って11時半まで働いています」という。

私は耳を疑った。4時半とは午前?午後?

高橋さんはお店をオープンして以来、毎朝4時半に自ら仕入れに
行き、夜11時半まで働いているという。そしてLAに住む家族と
は離れてお店の上のアパートに住んでいるという。休みは日曜日
のみ。体が悲鳴をあげるのも当然だ。

LAの「佐々舟」で寿司職人として4年間修行を積み、LA
からNYのこの物件を決め、あとはサインを待つだけの状況でNYに
移住してきた。

しかし、ここはNY。一筋縄で交渉ごとが進むはずが無い。
すったもんだがあり、交渉に4ヶ月も時間を費やされ、弁護士費用な
どもかさみ、手持ち資金はマイナスからのスタートとなってしま
った。

お店をオープンしてからは、お客さんに喜んでもらいたいと、
自ら魚を厳選して、100%お任せのお店を貫く。てんぷらな
どを提供する店もあるが、高橋さんはあくまでも寿司とさし
みだけで勝負。だから飽きられてしまわないように努力する。

お店に来てもらえないというのはお店を否定されているとい
う意味だ。暖簾わけをしてもらった以上、それでは師匠や弟弟子達に
申し訳ない。

NYの厳しい競争下では、例えおいしくても、それだけで人
は集まらない。「絶対的な努力をしないと勝てない」と高橋さんは語
気を強める。

朝の仕入れを行かなければ楽になる。しかし、それをやった
ら他のお店と同じなってしまう。仕入れをやめるくらいなら1日休む
という。

生き馬の目を抜くNYで、何百店あるレストランの中で、勝つた
めにここまで努力しないといけないのかとつくづく思った。ここ
で生き残っていく店とそうでない店の違いを痛感した。

彼を見て思う。「本当に自分は努力しているのだろうか」

本当に勝つためには圧倒的な努力が必要なのだと改めて思っ
た。
この圧倒的な努力があってこそ、幸運を引き付けるのだと。
人それぞれ自分なりに努力しているとは思う。しかし客観的に自
分を見つめ、本当に自分に偽りがなく最後の最後まで努力し
ているのか―。

それを知るのは自分のみであり、悔いなく生きる条件である。

勝利の女神はこういう努力者に微笑むのだろう。

過去の「ニューヨーカーの条件」はこちらから
http://amedori.exblog.jp/i14/


板越ジョージ (起業家・作家)
東京・葛飾生まれ。在米20年。元ジャニーズJr.。高校卒業後、
バイク便で留学費を稼ぎ、単身渡米。サウスカロライナ大学国際
政治学部卒業。在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。
イスラエル、ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。95年に広告
代理店業イタショーアメリカを創業。7つの会社を経営し、株式
公開直前までいったが、9・11の影響で沈没。多額の借金を背
負った。
現在は、アメリカン★ドリームパブリッシングなど3つの会社を
NYと東京で経営。
著書に「リベンジ人生道場」等。「グラウンド・ゼロ」はベスト
セラーに。

by amedorinewyork | 2008-02-29 21:34 | ニューヨーカーの条件

第4回
「ニューヨーカーの条件」

首の皮1枚。しぶとく生きよう。


気がつけば今年で在米20年になる。まさかこんなに長くなる
とは思わなかった。日本では落ちこぼれのレッテルを貼られた不良少
年だった私は、高校卒業後、バイク急便で留学費を貯めてアメリ
カに渡った。

成り上がりを目指して、とにかく大学時代は勉強した。大学卒業
後は、サウスカロライナの田舎から、大志を抱いて、ニューヨー
クに渡った。

ニューヨークでは出版社へ就職したが、希望の編集職にはつけず、
元気がいいという理由で、広告営業部へ配属された。

「やるからには一番になって見せるぞ」と希望の職には就けなか
ったが、寝てもさめても営業のことだけを考えていた。

人間やればできる。奇跡的にも3ヵ月後には営業のトップになっ
てしまった。社会人1年目はこんなに甘いものかと思いながらあっ
という間に一年が経ってしまった。

1995年というのいは、アメリカでは俗に言うインターネットベン
チャー草創期。ヤフーやアマゾンなどはこの年に誕生した。

「ジョージが独立するならついていくよ」と同僚だった3人に後
押しされた。

もう少しサラリーマンを続けて、社会勉強をさせてもらおうかと
思ったが、こんな時代はもうこないだろうと世の中の気運もあり、
1995年にニューヨークで起業した。

若さに任せ、勢いと気合だけでビジネスを推し進めた。ネットバ
ブルの追い風に乗り、最年少上場を目指し巨額の投資を集め、
事業は順調に進んだ。俄かミリオネアを味わった。

しかし、ネットバブルは崩壊、そして忌まわしいニューヨークを
襲った同時多発テロに止めを刺され夢は終わった。

巨額の借金を抱えて、従業員も信用も失い、何よりも自分自身で
ある自信を失った。

生きている意味を感じなくなった。

今だから言えるが、このアメ★ドリ創刊直後も、6ヶ月の家賃を
払えず事務所は強制退去。社員は解散。ビジネスホームレスにな
ってしまった。

冗談にならないが、私が主催する異業種交流会は、毎回私の送別
会だと思って泣く泣く開催していたのだ。

私の恩人は言う「人生は七転び八起き。首の皮一枚繋がっていれ
ば何とかなる」と。

最悪の状況は4年半続き、そのあとのリハビリにも1年かかった。

長い鬱ともやっと別れを告げられたのもごく最近のことである。

ニューヨークで生き残る条件は何か―。私は「しぶとく生きる」
とつくづく思った。

つらい時、何度も投げ出そうとした。自殺したいと何度も考えた。

しかし、日本へ帰りたいとはなぜか思わなかった。

こう言う時は、頑張ろうと思えば、余計につらくなる。

だからいい加減に生きる努力をした。人に迎合することなく自分
自身に素直に生きる。

例えそれがお金になるようなことでも、自分では気に入らないと
思ったことはしない。

自分の魂に素直に生きると決めたのだ。継続していればなんとか
なるものだ。

それをこの数年で学んだことだった。



板越ジョージ (起業家・作家)
東京・葛飾生まれ。在米20年。元ジャニーズJr.。高校卒業後、
バイク便で留学費を稼ぎ、単身渡米。サウスカロライナ大学国際
政治学部卒業。在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。
イスラエル、ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。95年に広告代理
店業イタショーアメリカを創業。7つの会社を経営し、株式公開
直前までいったが、9・11の影響で沈没。多額の借金を背負った。
現在は、アメリカン★ドリームパブリッシングなど3つの会社を
NYと東京で経営。
著書に「リベンジ人生道場」等。「グラウンド・ゼロ」はベスト
セラーに。

by amedorinewyork | 2008-02-07 05:27 | ニューヨーカーの条件

Catch the Wave. さえない時の過ごし方。

 「青い珊瑚礁」など日本で数々のヒット曲を生み出したニューヨーク在住の作曲家、小田裕一郎さんと先日、ニューヨークのカラオケ店に行った。丁度、日本の大物女性歌手もNY滞在中だったため、一緒に歌うことになった。

 私の友人の一人が、そのビッグな歌手に対して、誰もが知るあの有名なもち歌を歌って欲しいとねだった。おそらく彼女は同じリクエストは何百回も受けているのだろう。笑いで誤魔化し、最後まで歌うことはなかった。少し疲れた様子の彼女は、以前のような覇気が感じられなかった。 現在、彼女はどのような活動をしているのだろう。ふと気になった。そんな時、突然、小田さんは彼女をかばうように語りかけた。「売れないときの過ごし方が大切なんだよ」と。

 私は数年前のつらかった時期を思い出した。前章でも書いたが、私は、90年半ばからネットベンチャーの波に乗り、億単位の多額の投資を集めて事業を拡大していった。しかし、2001年にニューヨークを襲った同時多発テロによって木っ端微塵になった。それからしばらく低空飛行が続いた。 

 2003年初め、アメ★ドリ誌での新年の挨拶文で「希望と貯蓄の年」というタイトルの原稿を書いた。当時は倒産寸前状態。社員から「こんなの載せたらいよいよ会社がまずいと思われますよ」といわれ、ボツになった。社長とはいえすっかり自信をなくしてしまっていた私はあっさり社員の意向に従った。今思うと、新年の挨拶としては確かに暗い。

 しかし、振り返ってみると、あの時にしっかり「貯蓄」をしたので、ここまでこられたのだと思う。逆境の時にしっかりと力を蓄えたものが、最後は勝つ。

 チャンスは意外なときにやってくる。例えば99年や00年は、自分が断っても断っても億単位の投資話や提携話が持ち込まれた。しかしこれは、一方的に幸運が飛び込んできたわけではない。それまでの数年間にわたる努力や種まき、つまり自分の中に貯蓄があったからこそ、それをエネルギーにして幸運をつかむことができたのだ。

 景気の悪い時、世の中の循環が良くない時に無理やり何かを変えようと頑張っても達成することは難しい。2-3年耐えればまた、いい時は必ずやってくる。そのときに波に乗れるよう、準備をしておく充電の時期が大切なのだ。
 
 私は「貯蓄」の時期に、まずは自分のための時間を作ろうと考えた。そしてこの数年間忙しくできなかったことをもう一度やってみることにした。ジムに通って体力と健康を取り戻したり、会計学をもう一度基礎から勉強してみたり。将来は、社長業のかたわら執筆業にも精を出したいと考えていたのでたくさん本を読んで語彙を増やし、たくさんの人に取材して見識を広げようとした。

 人生は挑戦の連続だ。加山雄三さんは映画俳優から歌手へ、そして現在は画家として活躍している。ビートたけしさんもお笑い芸人からタレントに、そして映画監督になった。力を蓄えて来るべき挑戦の時を迎えれば、自分の人生はどんどん広がっていく。

 ちなみにその歌手は現在、歌の活動の他にNPO団体を立ち上げ、世界平和運動のために歌っているようだ。彼女の歌声が、世界中の人々の心に響くことを願う。

by amedorinewyork | 2008-01-12 16:23 | ニューヨーカーの条件

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 連載 「ニューヨーカーの条件」 2
     by 板越ジョージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニューヨーカーの条件  

第2回 勘違いも大事。周りなんて関係ない。

「ジョージさんみつけた!」と突然のメールが飛び込んできた。
不肖の妹分、結城秀美からだ。8年ぶりだろうか。「勘違い女」
の異名をとる彼女はお嬢様育ちで、何事にも不器用な性格。

日本の大学を卒業後にニューヨークへ渡り、まもなく私と知り合
った。

ニューヨークで大学に在籍中、FBIの刑事映画を見て、突如
「私はFBIに就職します」と宣言した。当然、周囲から失笑を買った。

それもそのはず、日本国籍の者がFBIやCIAに就職できるはず
がない。努力してもどうしようもないことを目標に立てたのだ。

しかし、彼女は周りの目なんか気にせず、ひたすら夢に向か
って突き進んだ。日本でそんな夢をぶちまけたら皆に相手にされ
なくなる。

しかし、ニューヨークは夢に寛大な街だ。ニューヨークの大学で
は刑事司法修士を取得し、その後博士課程に進学。

ボクシングなどジムで体も鍛えた。彼女は馬鹿みたいに夢に突き
進んでいった。私はここで彼女の行方を見失った。

きっと現実を知り、普通に日本で就職したんだろうと思っていた。

しかし彼女は違っていた。

なんと国際刑事警察機構(インターポール)のアジア女性第一号
として犯罪情報分析官のポストが決まり、フランスに渡っていた
のだ。

そして現在は、ニューヨークでアルカイダとタリバン関連のテロ
対策スペシャリストとして国連で活躍しているのだ。テロリスト
を追いかけ、世界の紛争地域を駆け巡っていると言う。

彼女を見てつくづく思う。

熱意とやる気があれば叶わない夢はないのだと。勘違いだと否定
されても、周りを跳ね返すくらいの信念があれば夢は実現する。
そして誰にも負けない努力。

彼女は振り返る。日本にいたらとても実現できなかったと。

彼女の座右の銘は
“Where there's a will, there's a way”
(意志のあるところに道は通ず)だと言う。

先人は「自信というものは経験に裏づけされたものだけだ」とい
う。

しかし、若いうちは当然経験がない。彼女のように、なかば勘違
いしてでも夢を思い続ける自信も大切だと思う。常に自分を信じ
て、自分には無理、恐れ多いとチャレンジする前に諦めず熱意を
持って前に進む。

自身が凹んだり傷つくこともある。しかし、やらなければ何も始
まらない。夢は逃げないし言い訳もしない。

言い訳して逃げているのは自分自身なのだ。



板越ジョージ (起業家・作家)
東京・葛飾生まれ。在米20年。元ジャニーズJr.。高校卒業後、
バイク便で留学費を稼ぎ、単身渡米。サウスカロライナ大学国際
政治学部卒業。在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。
イスラエル、ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。95年に広告
代理店業イタショーアメリカを創業。7つの会社を経営し、株式
公開直前までいったが、9・11の影響で沈没。多額の借金を背
負った。現在は、アメリカン★ドリームパブリッシングなど3つ
の会社をNYと東京で経営。
著書に「リベンジ人生道場」等。「グラウンド・ゼロ」はベスト
セラーに。

by amedorinewyork | 2008-01-03 03:59 | ニューヨーカーの条件

ニューヨーカーの条件 
 
第1回 "It's up to you" それは自分次第だ


ニューヨークには、アメリカン・ドリームを求めて世界中から人
が集まってくる。

私も夢を実現するため、ニューヨークにやってきた。ニューヨー
クが大好きだ。

そしてニューヨーカーが大好きな歌といえば、フランク・シナト
ラの「New York, New York」だろう。ヤンキースが勝った時に歌
い、年末のカウントダウンで大合唱する。

ニューヨーカーは何故この曲が好きなのか?

メロディーラインがいいからか?さびで「ニューヨーク~」と叫
んでいるからか?

そうではない。

この曲には、 ニューヨークに渡ってきた者が共通して抱く思い
があるからではないか。

「今日私は旅立つ。決して眠らない街で朝起きてみたいんだ。
私の真新しい人生がはじまる」。

私はこの歌を聴くたびに、夢を求めて来た頃の決意を思い出す。

さびの部分は「この街で成功すれば、世界中どこでも成功できる。
それは自分次第だ」。なんと勇気づけられるフレーズなのだろう。

この街で生きていくのは本当に大変だ。でも、この街で生き残る
ことができれば、どこへ行っても成功できる。

日本だけにとどまらず、やはり世界の中心地 ニューヨークで活
躍してみたいと思う。

しかしそれは"It's up to you" 自分次第なのだ。

他人に頼ることなく、自分自身の足でしっかりと生きていかなく
てはいけない。

ニューヨークのパワーに触れることでパワーを受け取る。

何事も情熱を持って前向きに自分を信じてチャレンジする。

それがここで生き残っていく条件だ。

夢を抱いてニューヨークに来たものの、さえない日々を送ってい
る方々は是非この「ニューヨーク~」を聞いて初心を思い出して
みて欲しい。

私はこの曲を聴くたびに夢の聖地ニューヨークにいる幸せを感じ
る。

この連載では、 ニューヨークで活躍している人から、 ニューヨ
ークで生き残る条件を紹介していく。

それは普遍的な生きる力のノウハウである。


初出 月刊「アメリカン★ドリーム」(07年12月号)

板越ジョージ (起業家・作家)
東京・葛飾生まれ。在米20年。元ジャニーズJr.。高校卒業後、
バイク便で留学費を稼ぎ、単身渡米。サウスカロライナ大学国際
政治学部卒業。在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。
イスラエル、ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。95年に広告
代理店業イタショーアメリカを創業。7つの会社を経営し、株式
公開直前までいったが、9・11の影響で沈没。多額の借金を背
負う。現在は、アメリカン★ドリームパブリッシングなど3つの
会社をNYと東京で経営。
著書に「リベンジ人生道場」等。「グラウンド・ゼロ」はベスト
セラーに。

by amedorinewyork | 2007-12-08 08:56 | ニューヨーカーの条件