人気ブログランキング | 話題のタグを見る
今年も恒例の山籠もりのために、NYから250キロ先のキャッツキルという場所に行きました。

山籠もりの目的はゆっくり部屋で論文、原稿を推敲するためです。
実は前作『結局、日本のアニメ・マンガは儲かっているのか?』もここで書き上げました。
しかし、今回はその途中で下界に行かなくてはいけない事態が起こりました。

今年も山籠もり。そして出会い。_f0088456_0473646.jpg


初日の夜、宿泊先で食事をしていると、隣りに品のいい白人老夫婦が座ってきました。

旦那さんと目が合うとにっこりと会釈をかえされ、田舎ならではのフレンドリーさと余裕を持った雰囲気を感じました。
年頃、おそらく私の両親と同じくらいの年齢。実に仲良さそうに食事をしている姿が印象的です。

私がデザートに口をつけた頃、不意に彼らが「一緒にデザートを楽しまないか」と話しかけてきたのです。

話を聞くと、この夫婦は40年ほどこの村に住んでいるようです。
旦那さんは、
「この村の人口は何人いると思う?」
と面白そうに私に問題を出しました。
「全く見当がつかない、わからないですよ」
と苦笑いする私に、
「Guess, guess! (いいから、いいから、適当にいってごらん!)」
と陽気に盛り上げ、私が、
「3万人…ぐらいかな?」
と言うと、奥さんと顔を見合わせ、
「No...実は、700人さ!」
この数字に私は驚きを隠せませんでした。
「そんなに少ないのであれば、じゃあこのレストランにいる人みんな知り合いですか?」
というと、
「もちろん!、あいつもあいつも知ってる、あの男には息子が3人」
などと言い出しました。

ここマーガレットビルはマンハッタンから車で3時間弱のキャッツキルの山の中。
ここに来るたびに、こういう村にはどういう人が住んでいるのかと常々、好奇心を持っていました。
これは面白いご夫婦と出会ったと、彼らから色々な話を聞きました。

村の大多数はユダヤ人のようです。ユダヤ人と言っても宗教色の強いオーソドックスな人々ではなく、
アメリカの大都会によくいるようないわゆる品のいい白人コミュニティーだということ。
ここは環境もよく美しい土地だが、特産品も、農業も盛んではないため、
住み続けたいが、どうやって生計を立てたらいいかが一番の問題点だと言っていました。
ちなみにご主人は、障害者などのケアサービスをするNPO団体の代表、奥さんはグラフィックデザイナーをしていたそうです。

人生において、「お金を稼ぐことを追求してもきりがない、いかに心を豊かにして暮らすのかがが大切か」
ということを力説されました。
こういうところに住んでいる人なのでとても説得力がありました。

お互いの身の上話や経済や文化のことを一通り話し終った時です。

食事が終わり、1杯一緒に飲まないかと誘われてバーへ行きました。
そこでまた、興味深い話題が飛び出したのです。

「私の高校生になる孫娘はアニメが好きで、この村にある図書館でアニメの個展をやっているの」というのです。

実は、今までこのようにアメリカ人と話す場合、常に話題に上がるのはSONYやTOYOTAなどの日本製の
ものづくりに関してでした。いかに日本はいいものを作っているのかという話です。

しかし、ここにきて人口700人もいないような山の中の村で、日本のアニメが話題に出たのには正直驚きました。

実はこの夫婦に「どういう本を書くのか」や「どういう研究を大学でしているのか」ということを聞かれましたが、
アニメやマンガなどの日本のコンテンツを研究していると言っても理解してもらえないだろうということで、
「アニメ」などの単語を避けていました。

しかし、意外にも彼らからその言葉が出たのです。

夫人はコスプレ好きなその孫娘にせがまれて、
「クリスマスに金髪のウィッグを買わされたのよ…」
と苦笑していました。そして、
「明日図書館に行けば、あの子は髪を赤く染めているからすぐ分かるわ」
と言うのです。

「これからは日本はソフトで世界を凌駕する」という私の持説を、まさに裏付するような出来事だと思いました。

ということで、4日間山籠もりだと思っていましたが、翌朝その展示会場である図書館に行くことになりました。

図書館と言っても、商店街の一角にある民家のようなかわいい建物でした。
今年も山籠もり。そして出会い。_f0088456_0524549.jpg


本当にこんなところで…と半信半疑でしたが、その奥の一角に孫娘のCaraちゃんの元気のよいアニメのスケッチが飾られていました。

この村の人たちに日本のアニメの魅力を伝えるために「アニメとは」や「アニメ語録」などの資料も
自分で作成して展示していたのには脱帽でした。
今年も山籠もり。そして出会い。_f0088456_0414933.jpg

今年も山籠もり。そして出会い。_f0088456_0432482.jpg


このCaraちゃんは小学4年生の時にアニメのファンになり(Narutoからだそうです)、そして高校生になり
コスプレを楽しみ、そしてアニメをより多くの人に知ってもらいたいという活動に励んでいます。

まさに、これがアニメの広がりではないでしょうか。
今年も山籠もり。そして出会い。_f0088456_044245.jpg

ひょうんなところから素晴らしい出会いがありました。

ハナ・マウンテン・リゾート・アンド・カントリー・クラブ



Facebook,twitterで情報をアップしています。
"georgeitagoshi" 」で検索して下さい。

無料メルマガのお申込みはこちらから

日米イベント情報


過去の映像はYoutubeにアップしてます!

アメリカ会社設立など、米国進出お手伝いします詳しくはこちらから

by amedorinewyork | 2014-01-14 00:53 | 著書より抜粋

<< クールジャパン、ニューヨーカー... 新年、明けましておめでとうござ... >>