人気ブログランキング |
ブログランキングに登録しました。 現在、1位を続伸中です!有難うございます。
よかったら1クリックお願いします。

ブログランキング

Day11(中編) ゴールへ

サン・ベルナディノで最後の給油を済ませる。

真っ白な雪をかぶった山々。
この山脈を越える、といよいよゴールの地、サンタモニカ、ロサンゼルス地域だ。

少し肌寒いが、まだ渋滞はないのでエンジョイ・ライディング。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23103650.jpg


Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23121333.jpg



山を越えると雲行きがあやしい。

千葉さんの奥さんより、電話がかかった。
朝9時半の段階で、サンタモニカは雨との情報。
折角のゴールなので、できることならサンタモニカの青い空でゴールをしたい。
ここまで天候には恵まれてきたのに最後に雨とは・・・。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23111244.jpg



ゴールに近づくにつれ、渋滞が激しくなる。
わずか車一台分の隙間にも次から次へと車が横入りしてくる。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_2314440.jpg



都会での運転ははじめてのおじ様ライダー達。
私ははらはらしながら見守りつつ、最後尾を走る。

ロサンゼルスのダウンタウンを越え、いよいよゴールのサンタモニカへ。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_2313405.jpg


次第に心臓の鼓動が高鳴る。
とにかく、無事故で終わりたい。

ハイウェイ10をリンカーン・ブルバードでエグジット。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_231539.jpg


心配していた、天気もサンタモニカに着くや否や晴天に。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23171825.jpg



ここからまっすぐ太平洋に向かう。

サンタモニカらしく、側道にはおしゃれなブティックやカフェが並んでいる。
タンクトップにショートパンツ姿の若者が連れ立って歩いている。
まるで、ポストカードのように絵になる光景。

ルート66は、サンタモニカ・ブルバードとオーシャン・アベニューの角がゴールだ。
太平洋の青い海に向かって走った突き当たりだ。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23174531.jpg



全8州約4000キロのルート66はここで終わる。

しかしスタートのシカゴ同様、サンタモニカも「ここがゴールか?」と
思うようなあっけない場所だった。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23181761.jpg


一同、無事に完走した喜びをわかちあい記念撮影。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23192267.jpg


Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23184882.jpg




ゴールの歩道脇にウィル・ロジャースの記念碑がある。
ここはパリセード・パークという。

「Day 5 オクラホマへ」でも説明した俳優、ウィル・ロジャースの記念碑だ。
1952年に放映された「ウィル・ロジャース物語」の完成を記念し、このルート66は
「ウィル・ロジャース・ハイウェイ」として捧げられたのだ。
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_23194837.jpg


ウィル・ロジャース
Day11(中編) ゴールへ_f0088456_2385861.jpg



パリセード・パークの崖っぷちに立つと、目の前に太平洋が広がる。
この遥か先には、言うまでもなく日本がある。
太平洋を一望するこの場所で、私は大きく深呼吸した。

実は、我々のゴールはここから8マイル先にあった。
日本のハーレー社の計らいにより、マニラ・デル・レイのハーレー社で、
くす玉とシャンペン、そして友人たちが出迎えてくれたのだ。

(後編へ続く)

ブログランキングに登録しました。 現在、ぶっちぎりの1位を続伸中です!有難うございます。
よかったら1クリックお願いします。

ブログランキング
頑張ってますのでコメントお寄せ下さい!

****************************

アメ★ドリメルマガ発刊記念!無料購読にお申し込み頂けると、抽選で
セレブも愛用の Yukiko Sato NYのチビバッグをプレゼント!
詳しくはアメ★ドリサイトで!


次回この企画に参加したい人募集
詳しくはこちらから

板越ジョージの著書一覧(アマゾン)

アメリカン★ドリーム公式サイトは
こちらから

by amedorinewyork | 2006-05-08 12:13 | アメリカ大陸横断 ルート66

<< Day 11 (後半)ゴール 第35回 NY異業種交流会が開... >>