人気ブログランキング |
ブログランキングに登録しました。 お陰さまで旅行部門で1位になりました!!!
ありがとうございます
これからもがんばりますので、1クリックしてください 。コメントもお待ちしています。

ブログランキング

Day 10 (後編)  モハビー砂漠からバクダット・カフェへ

アリゾナの空はどんより曇っていたが、カルフォルニアに入ると雲ひとつない晴天。
そして35度の灼熱。

ここモハーヴェ砂漠は、カルフォルニア州、ネバダ州、ユタ州の3州にまたがり、面積は35,000 km² 以上の大砂漠だ。
地球上でもっとも乾燥した土地のひとつと言われている。

また、このあたりはゴースト・タウンが多くあるといわれており、実際ゴースト・タウンと書かれた看板をいくつも見つけた。
ゴールドラッシュの頃、金鉱目当てに集まった者たちによっていくつもの町が形成され、そして金鉱が掘りつくされると、ほとんどがその後ゴーストタウンと化した。
f0088456_916876.jpg


f0088456_9165519.jpg




さて、カルフォルニア最初の町、ニードルからハイウエー40に乗り、ルドロウで給油。
時刻は午後4時。
砂漠のど真ん中で横風もかなり強い。

さて、ここからハイウエーで一気に宿泊地のバーストウまで行くか、それとも旧道を通り
ゆっくりと旅を続けるか、意見が分かれた。

とにかく、ここは風が強いので、ハイウエーで行くよりも安全を優先しようという千葉隊長の強い意見もあり、旧道を走ることにした。

しかし、旧道の舗装は予想以上に悪い。
アスファルトではあるが、ものすごいガタガタ道。
ハーレーではなく、モトクロス・バイクが必要だ。
また、横風が強い。
f0088456_9172231.jpg



途中、千葉隊長の走行がおかしい。
エンジンタンクを気にしているようなそぶりで、まるで酔っ払い運転をしているような
蛇行運転を始めた。

あー!

転倒してしまうのか!
ここまで無事故だったが。
一同は心配して止まる。

エンジントラブルではなく、千葉隊長のコンタクト・レンズが風で吹き飛ばされたのだった。

体制を整えて事なきを得た。
とにかく、安全第一である。

この旧道にはルート66のサインが道にあったが、かなり風化していてかすかにしか読めない。
ある意味、これこそが、今は地図上から消え去ってしまったルート66の現状なのか
と感じた。

ガタガタ道にめげることなく、ルドロウを走るとまもなく、映画「バクダット・カフェ」
の撮影現場になった
ニューベリー・スプリングに。

舞台となった「バクダット・カフェ」は寂れたままに実在し、今も営業していた。

少し解説すると、「バクダット・カフェ」は87年に作られたドイツ人監督パーシー・アドロン
の作品。
f0088456_1243665.jpg



旅行中に夫と喧嘩別れしたドイツ人女性が、この寂れたカフェにたどり着く。
彼女の出現により、さびれたカフェは砂漠の中のオアシスに変わっていく……。
砂漠に芽生えた女と女の友情の物語である。

映画そのままのバクダット・カフェを見たときは少し感動を覚えた。

とうとう、ここに来たかと。

店に入り、写真を撮ったあと、再びルート66を西へ向かう。

このあたりはすでにゴーストタウン化しているので、訪れる客は観光客くらいだろう。
f0088456_9175931.jpg


f0088456_918999.jpg


f0088456_9181841.jpg


f0088456_9182865.jpg


f0088456_919171.jpg


f0088456_9184719.jpg



もう少し、この場所でたたずみたい気持ちもあったが予定もあり、西へ急ぐ。

すると、砂漠の右手に太陽光発電プラント世界一の「ソーラー・ワン・パワー・プラント」
が見えてきた。
砂漠の真ん中にある秘密工場のように、不気味な姿でそびえていた。
f0088456_9191653.jpg



外は少しづつ暗くなる。
f0088456_919417.jpg


なんとか、日没までに本日の宿泊地バーストウにたどりつく。

今日はここでルート66での最後の夜を過ごします。

夕食もまたステーキでした。
f0088456_92087.jpg




ブログランキングに登録しました。 よかったら1クリックしてください

ブログランキング


頑張ってますのでコメントお寄せ下さい!

****************************
次回この企画に参加したい人募集
詳しくはこちらから

メルマガ始めました。
詳しくはアメ★ドリサイトで!

板越ジョージの著書一覧(アマゾン)

アメリカン★ドリーム公式サイトは
こちらから

by amedorinewyork | 2006-05-01 09:02 | アメリカ大陸横断 ルート66

<< Day 11 (前編)  ルー... Day 10 (中編)オートマ... >>