ランチミーティング後、時間があったので
自宅に帰り、少しすると寒気がしてきました。

すると、突然の嘔吐と腹痛が。

動けなくなり、そのままベッドへ。
朝まで腹激痛に耐えながら寝ました。

翌朝はだいぶよくなったので、そのまま病院へ。

「2-3日前に、生のものを食べましたか?」とMr. ビーンにそっくりの先生。

おもいあたるふしはいっぱい。
生牡蠣、サボテン、変わった野菜スティック、半生のメンチカツ、牛肉のカルパッチョ。。。

間違いなく、「感染性胃腸炎ですね」と診断されました。

すぐに吐き気をもようをすのはO157とかで、
ウイルス性の胃腸炎は2-3日胃の中で潜伏しているようです。

下痢や熱はでずに、復活できてよかったのです。。

「健康は失ったときに初めてわかるもの」と今更ながら感じながら
寝ていました。
「健康だからいろいろ行動ができる」と健康体に改めて感謝です。

ついでに、病院でにニンニク注射を打ってもらいました。


人気ブログランキングへ←応援クリックお願いします!

日米イベント情報

第10回 東京NYアメ★ドリ交流会  1月22日(金)
「品格ある日本人の英語」著者 曽根宏氏


第18回 NYビジネスセミナー 1月27日(水)
米国フランチャイズビジネス事情 大倉和夫氏、John Armstrong氏


第80回 月例ニューヨーク異業種交流会  1月29日(金)
ラッフル大会、映画監督 我謝京子氏


過去の映像はYoutubeにアップしてます!

アメリカ会社設立など、米国進出お手伝いします詳しくはこちらから

mixiやってます。「ニューヨーク会」で検索して下さい。気軽にマイミク申請を!
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-16 10:03 | クオリティオブライフ(日々)

<< 2006年 3つの誓い 2006年1月1日号 新年号 >>