人気ブログランキング |
青年は大志を抱いてどこへ行く
バックパック世界旅行記~中米編 2


出発

僕はこの夏旅をした。
1991年 夏 グアテマラ


1991年5月3日(金曜日)快晴

暑い。

やっとファイナル(期末テスト)が終わる。今回はマジで泣きたかった。留学も二年目になり、授業も専門的になってきた。本当の英語力が試される。試験だけでなく長いレポートも全教科で要求された。辛かったが、その分達成感もありうれしい。

明日から旅に出る私のために、ルームメイトのリオンがビールを買って来てくれて乾杯。みんなの友情にひたすら感謝。友。素晴らしい。さあ、これから電車で一四時間になる旅が始まる。この時間をいかに過ごすかにこれからがかかっている気がする。ああ、うれし。これから新しい人生が始まる。

ただいまのの状況
*スペイン語が全くわからない
*どこに行ったらいいか分からない
やるぞ!

午後11時30分 コロンビア発 車中にて

1991年、アメリカ南部サウスカロライナ州コロンビア市で、サウスカロライナ大学の二年生。
僕の留学した1988年から、この1991年までといえば日本はバブル経済で、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われ、日本人が世界に対して自信を持っていた頃だ。当時世界はアメリカとソビエト連邦が冷戦状態で、世界は二極化していた。

当時のジョージH.W.ブッシュ大統領は、パナマ侵攻や湾岸戦争に突入し、アメリカ経済は後退。アメリカは自信をなくし始め、治安はさらに悪化した。中南米などは常に内戦の戦火が飛び散り物騒な世の中だった。この時、僕は大学で国際政治学を学び、妙な正義感に燃えていた。世界の動乱の中、国際政治学を学ぶことに酔っていた。

アメリカの大学は5月から9月の約4か月は夏休みとなる。毎年夏は日本に帰りアルバイトして1年分の学費を稼いでいた。しかし、この夏は世界を見てみたいと思った。そこでアメリカ以外の国への留学に踏み切った。選んだ基準は「安くて、近くて、苦労できる」ところ。校内の海外留学相談室の資料室で生まれて初めて耳にした中米のグアテマラという国に決めた。

グアテマラのケツァルテナンゴにある語学学校で一か月の予定で、スペイン語の留学を計画していた。恐らく安易な国選びだったに違いないが、それがその後の私の人生に大きく影響を与えるとはこのとき予想だにしなかった。
f0088456_115824.jpg


続く

人気ブログランキングへ←応援クリックお願いします!

イベント情報
@東京

11月13日(金) 東京NY異業種交流会

@New York
11月23日(月)月例ビジネスセミナー 「クチコミを最大限利用するソーシャルマーケティング101」
11月20日(金) NY異業種交流会
Youtubeにアップしてます!

mixiやってます。「ニューヨーク会」で検索して下さい。

by amedorinewyork | 2009-11-02 11:05 | バックパック世界旅行記

<< バックパック世界旅行記 中米編 3 サマータイムの終了。1時間かわ... >>