今月は、日本から来客者が多くイベントが満載でした。
フードショー、アニメフェア、映画祭、幕末の志士のご子孫ら。。。

お陰さまで、先週の坂本龍馬、勝海舟、ジョン万次郎のご子孫ら
が参加するイベントは満員御礼の大盛況でした。

>ユーストリームで観れます<
http://ustre.am/DSIb

東京でもこのようなイベントをやって欲しいという強い要望が
ありましたので、なんと次回の東京NY異業種交流会では、勝海舟
のご子孫と龍馬伝でおなじみのイケメンギター奏者2人組のいちむじんさん
にご登壇頂きます!

乞うご期待を。

11月もたくさんのイベントを行います。
皆様とNYと東京の会場でお会いできるのを楽しみしております。


第100回の模様が朝のテレビで紹介されました。
http://www.fujisankei.com/video_library/local-news/janet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**メルマガ 「アメリカン★ドリーム」 from NY**
               Vol. 435 10/19/2011

━━━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、 第102回 月例ニューヨーク異業種交流会 11月9日(水)
  講師:丸山 敏秋氏 「最高の自分を生きる」著者(社)倫理研究所理事長

2、第38回 NYビジネスセミナー 11月10日(木)
   「雇用・労働法の基礎 知っておくべきポイントとは!?」
  講師:デヴィッドB.フェルドマン弁護士(雇用労働法専門)

3、第24回 東京NYアメ★ドリ交流会 11月24日(木)
   講師:勝海舟 玄孫 高山みな子氏
ゲスト:いちむじん (クラシックギターデュオ)

※このメルマガは、ご登録くださった皆様、板越ジョージ、及び
アメ★ドリ社員と名刺交換させていただいた方々に、送信させて
いただいております。転送大歓迎です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------PR-------------------------------

 ★☆アメリカで会社設立! US起業ドットコム☆★

   円高の今、米国で起業のチャンスです。

  本気で起業したい方、お待ちしております。
      → www.uskigyou.com

起業に関するよくある質問 → http://www.uskigyou.com/yoku/

日米ベンチャービジネス支援センター 代表 板越ジョージ
---------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第102回 月例ニューヨーク異業種交流会 11月9日(水)
  講師:丸山 敏秋氏 「最高の自分を生きる」著者(社)倫理研究所理事長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NYで頑張る方々の出会いを提供する場として、02年から始まった
月例ニューヨーク異業種交流会。

第102回目を迎える今回は、「最高の自分を生きる」、
「小さな事から会社は変わる」の著者で(社)倫理研究所理事長の
丸山敏秋氏をお迎えします。

今回の交流会は特別に、倫理研究所のNY支部(NY倫理友の会)と、
NY一旗会(起業家相互支援の会)との共催で開催します。

JaNetの異業種交流会の皆さんに加え、ニューヨークでの諸先輩
方々と、これから起業をしようとする人たちもお呼びし、参加する
だけで多方面の交流の場が作れるよう、今回は水曜日に実施します。

丸山氏は筑波大学で哲学科、文学博士号を取得された後、
企業テーマから家庭まで幅広いテーマを「人の心」をキーワードに
講演と執筆活動で、人らしい生き方を広めていらっしゃいます。

NYで頑張る私たちと心の持ち方について、
広く豊かに考えるための講演をいただきます。

恒例の自己PRコーナーでは、皆様の活動を応援します。
奮ってご参加ください。

今後も、JaNetは日本人コミュニティの繁栄に貢献します。
ニューヨーク生活のきっかけはJaNetから!

日時: 11月9日(水) 7pm~9:30pm
※今回は特別の水曜日開催です、お間違えの無いように。
場所:JaNet会館 2 West 47 St. 7 Fl.(bet. 5 & 6 Aves.)
料金:$40(member)、$45(non-member) Buffet & Drink
主催:NPO法人JaNet (501(c)(3)認定団体 )
共催:NY倫理友の会、NY一旗会
協賛:サッポロビール
限定:80名 先着順

お申し込み:www.igyoshu.com
過去の講演:http://amedori.exblog.jp/i30/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------PR-------------------------------

 全米最大級の「屋内型日本の芸術祭」JAM2011
   
 11月4、5、6日 イーストビレッジにて開催!!

        *ジャパニーズタレントナイト
        *大江千里などらのライブ
        *各県人会による物産展など

チケット発売開始!!
http://japanesenetwork.org/activities/japan-arts-matsuri

主催:NPO法人JaNet

---------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第38回 NYビジネスセミナー 11月10日(木)
「雇用・労働法の基礎 知っておくべきポイントとは!?」
講師:デヴィッドB.フェルドマン弁護士(雇用労働法専門)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月のNYビジネスセミナーは、長年、労働雇用法問題に携わってきた
デヴィッドB.フェルドマン弁護士に 「雇用・労働法の基礎 知っておくべき
ポイントとは!?」と題して、内藤博久弁護士の日本語解説付きで
講演して頂きます。

今春、Wage & Hour Lawという法律が厳格化されたことはご存知
でしょうか。
すべての雇用主が知っておくべき法律です。罰則規定が非常に
厳格化されており、某有名レストランでは、経営者が数ヶ月にわたり
収監され、また従業員との間に多額の和解金が取り交わされました。

当セミナーでは、Wage & Hour Lawの概要やケーススタディを学び、
対策を教授いたします。

また参加者全員に受講証書を発行いたします。

レストランやスモールビジネスオーナー、これからビジネスを
始める方には貴重なセミナーとなります。

雇用・労働法の基礎、Wage & Hour Lawで知っておくべきポイントとは、
知らないと収監、5ミリオンのペナルティーかも、
そうならないためのセミナーです。

セミナー参加者への特典
法的トラブルに直面したときに有利になるアイテム
①セミナー受講証書の配布
②法令厳守に必要な文章や通知をブックレットとして(日本語翻訳)配布

司会進行:内藤博久弁護士 (知的財産権・エンタテイメント専門)

日時:11月10日(木) 午後3時~6時
会場:NaNet会館 2 W. 47 St. 7階. (5 & 6Aveの間)
参加費:一般$30、JaNet会員$25(軽食・ドリンク付き)
詳細やお申込み:http://igyoshu.com/seminar/index.htm

主催:MOSES & SINGER LLP
後援:NPO法人JaNet(501(c)(3)認定団体 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第24回 東京NYアメ★ドリ交流会 11月24日(木)
  講師:勝海舟 玄孫 高山みな子氏
ゲスト:いちむじん (クラシックギターデュオ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月の東京NY異業種交流会は、10月にNYで大好評だった坂本龍馬
のイベントで講演された、勝海舟の玄孫にあたる高山みな子氏に
ご登壇頂きます。

勝海舟とは、言わずと知れた幕臣として江戸無血開城の任を果たし、
明治維新後は参議、海軍卿、枢密院顧問として活躍した人です。
日本人初の太平洋横断航海に成功。帰国してからは軍艦奉行となり
坂本竜馬を教育しました。

維新の立役者である龍馬は勝の愛弟子であり、いわば行動部隊長でした。
龍馬の思想は海舟の影響が強く、開国主義や薩長土同盟、海運国の
降盛も、すべて勝の理想を強く受け継いだものでした。薩長同盟が
成功したのも、勝が龍馬に西郷を紹介したのが始まりです。

勝は幕臣として縛られた身分を、自由な行動力をもつ龍馬に託して
いたのでしょう。

そんな勝海舟のご子孫である高山さんは、子供のころに祖母や曾祖母
が海舟と龍馬について語っていたことをおぼろげに記憶。祖母の話で
は海舟は「怖いおじいさんだった」ようです。曾祖母は「龍馬さんに
肩車で遊んでもらった」と後々まで語っていたようです。

高山さんには、海舟が幕府に提出した「憤言一書」を中心に海舟の
理念について大いに語っていただきます。

また、今回はスペシャル応援団として「龍馬伝」のエンディングソング
で有名なイケメン2人組ギター奏者、いちむじんさんにも演奏して
頂きます。

会場は、庄野真代さんのコミュニティカフェで行います。
「体に優しい食と心に優しい音楽の快適空間」をコンセプトにした、
下北沢にぴったりのおしゃれなスペースです。カラダによさそうな
多国籍の創作料理とデザートが楽しめ、とってもお得な会となって
おります。

交流会を通して、NYと日本の架け橋になれればと思います。

是非、NY・東京のネットワーク作りにお役立てください。

日時 :11月24日(木) 開始7時、講演8時、閉会10時
※今回は特別の木曜日開催です、お間違えの無いように。
場所:Com.Cafe音倉住所:世田谷区北沢2-26-23 B1 03-6751-1311
京王線・小田急線下北沢駅北口・西口1より徒歩2分
(ピーコック裏、NTTdocomo の地下)
参加費:5000円

先着70名限定

お申し込み:www.igyoshu.com/jp

前回の模様: http://amedori.exblog.jp/14476659/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------PR-------------------------------

   ★☆このメルマガに広告を載せませんか?☆★
         
  在NYの日本人6000人にアクセスできます!

        1回50ドルから

   お問い合わせ info@amedori.net まで  

---------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお付き合い頂き、有難うございました。
皆様の有益な情報を送信することを努めます。
よろしくお願いします。

板越ジョージ (起業家・ジャーナリスト・オーガナイザー)
東京・葛飾生まれ。在米23年。高校卒業後、バイク便で留学費
を稼ぎ、単身渡米。サウスカロライナ大学国際政治学部卒業。
在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。イスラエル、
ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。95年に広告ITASHOAmerica
を創業。7つの会社を経営し、株式公開直前までいったが、9・11の
影響で沈没。多額の借金を背負った。現在は、NYで出版社、
小売・卸店などの会社を営む。米国で起業を目指す人へのコンサル
タントとしても活動中。東京国際アニメフェア実行委員。NPO法人
「JaNet」発起人・相談役。 在NY日本国総領事館海外安全対策
連絡協議会委員。
日米20往復して奨学生として中央大学大学院(MBA)修了。
著書に週刊SPA!の3年半の連載をまとめた「リベンジ人生道場
(扶桑社)」や、「グラウンド・ゼロ(扶桑社)」等。
元ジャニーズという異色の経歴を持つ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■NY異業種交流会公式サイト
 → http://www.igyoshu.com

■アメリカン★ドリームパブリッシング ホームページ
~頑張る日本人を応援する総合サイト~
 → http://www.amedori.net

■アメ★ドリ/LIVEの入手先は
 → http://amedori.net/about/amedori.htm

■ご意見、お問い合わせ、登録解除は、
→ info@amedori.net

■本会登録、変更は、
→ http://www.igyoshu.com

■このメルマガへの広告は
 只今キャンペーン特別価格
 → info@amedori.net

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

mixi,Facebook,twitterで情報をアップしています。
"georgeitagoshi"(facebook, twitter)、"ニューヨーク会"(mixi) 」で検索して下さい。気軽に申請を!

応援クリックお願いします!←応援クリックお願いします!
[PR]

by amedorinewyork | 2011-10-22 05:20 | イベント・講演情報


NY異業種交流会100回記念、JaNet会館オープンにあたり
発起人 板越ジョージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NY異業種交流会は、「NYで頑張る日本人を応援したい」との
思いをこめて2002年に発足しました。01年に起きた9・11同時多発テロが
きっかけです。

まずはフリーぺーパー「アメリカン★ドリーム」を発刊し、 その後
異業種交流会の開催へと活動を広げていきました。

交流会はクチコミなどで参加者が徐々に増え、6千名以上のメーリング
リストになるほど成長しました。NYにはたくさんの日本人が暮らして
ますが、なかなか知り合うチャンスは少ないものです。
特に異業種の人となると出会う機会は皆無といってもいいでしょう。
こうした「出会いの壁」を取り払う場として、そして有事のときに
助け合える会としたいと思っています。

NYの日系社会は長らく大手企業の駐在員が中心に構成されていました。
そのために、NYにはNY商工会議所、ご年配者が中心の日系人会の団体
がすでに100年以上の歴史を持って存在しています。
しかしここ数年、特にテロ以降NYの日本人の構図も変わってきました。

NYには、日本を飛び出して、どこにも所属せず、自力で起業したり、
フリーランスで活動している日本人が増えています。それにも関わらず、
当時テロに関する日本での報道は、日本企業の駐在員の消息に関する
ことだけでした。

私達、ここで根をおろして必死で頑張っている日本人についての報道
はほとんどありませんでした。そのニューカマーである日本人たち
には、アイデンティティがまだ確立されていない。日系人でもなければ、
いつかは帰国する企業の駐在員でもない。かといって完全なアメリカ人
でもない。ある意味では華僑やユダヤ人に似ているのかもしれません。

そんなNY在住日本人の守られていない部分を守る組織を築きたいと
いう思いが生まれました。

07年には、民間では初となる、在NY日本国総領事館大使公邸での
交流会を行いました。毎月、各界から著名なゲストスピーカーも
集まっています。月例交流会以外にも、会員の相互の親睦のために
起業、経営、健康など、各種セミナーやスポーツやアートイベント
なども行ってまいりました。

私自身も気がつけば今年で在米23年になります。まさかこんなに
長くなるとは思いませんでした。日本では落ちこぼれのレッテルを
貼られた不良少年だった私は、高校卒業後、バイク急便で留学費を
貯めて米国に渡りました。とにかく大学時代は勉強をしました。
大学卒業後は、サウスカロライナの田舎から、大志を抱いて、
NYに渡ったのです。

1年間のサラリーマン生活を経て95年にNYで起業しました。
若さに任せ、勢いと気合だけでビジネスを推し進めたのです。
ネットバブルの追い風に乗り、最年少上場を目指し巨額の投資を集め、
事業は順調に進み、俄かミリオネアを味わいました。
しかし、ネットバブルは崩壊、そして忌まわしいNYを襲った同時多発
テロに止めを刺され夢は終わりました。

巨額の借金を抱えて、従業員も信用も失い、何よりも自分自身である
自信を失いました。生きている意味を感じなくなりました。

今だから言える事ですが、テロ後まもない頃、ソーホーに構えていた
事務所の家賃が払えずにいました。この頃は鬱もあり、寝つきは
悪いが一度寝ると朝なかなか目覚めることができませんでした。

そんな日々が続いていたある朝、社員から一本の電話がきました。
「社長、マーシャルが来て今すぐ、事務所を立ち退けと言われています」。
マーシャルたちは有無を言わせぬ態度で、家賃未納を理由に事務所
の鍵を取り付けなおし、当時十数名いた社員達は強制退去させられ
てしまいました。かろうじて機転を利かせた社員が会社のデータの
バックアップCDを持って出ました。

1時間後、私は社員達と会社の下のコーヒーショップで落ち合ったのです。
社員達の眼差しが私を軽蔑しているように感じて痛かったのを覚え
ています。「これから、どうするんですか」。社員たちに詰め寄られ、
情けないやら悔しいやらで涙すらでませんでした。頭の中は真っ白で、
どうしたらいいかなど考えられないのです。

数日間はビジネスホームレス状態。しかし、なんとかなけ無しの金
でワンルームのアパートを借りることができました。ただ、奇跡的に
保護したデータのバックアップCDは、追い出されたその日にコーヒー
ショップで置き引きにあうという不幸が重なり、この異業種交流会の
10数回の写真など、過去の資料がすべてなくなってしまいました。

この時に強く感じたのは、自分の立場が駐在員や、大手企業、
留学生とは大きく違うということでした。そんな失意のさなか、
とても人を応援できる立場ではない私が、何故か9・11をきっかけに
交流会を開催するようになりました。冗談ではなく、この交流会は
毎回私の送別会だと思って続けていました。

矛盾しているようですが「頑張る日本人を応援する」という名目で
始めた交流会が逆に私を支えていたように思います。毎日のように
夜逃げを考えていた私は、交流会の度に「今回が自分のお別れ会だ」
と思って続けていました。それが今回で百回を数えます。まさに奇跡です。

異国の地でこのような会をコンスタントに継続するのは大変でした。
爆弾事件、大雪などの天災などで人の出足が極端に減ることもあります。

開催する側の私自身も、大事な存在と死別し、涙で目を腫らしサングラス
をかけて参加した時もありました。それでも何があろうと一度も欠かさ
ずに毎月開催することを続けてきたのです。ゴールが何かを描いたわけ
ではなく、続けていけば必ず何かが見えるだろうという思いが私を
動かしていました。

私だけではなく、ほとんどのニューヨーカー達はあの日を境に人生を
転換させられたに違いありません。皆それぞれの心の行く先を模索し、
何かをつかんでいった。やっていることに不安を持たずに、自分を
信じて、先に何があるかは分からないが、ただ無心に今のことを続ける
ことの意外な大切さは、私がつかんだことです。

その後、08年にNPOとして改織し、組織名も新たに「JaNet」とし
スタートしました。この団体の活動の目的は、頑張る日本人を応援する
ことです。そのような彼らの活動の「場」を提供したいと思いました。
そのためには、いつでも皆が気軽に利用できる場である会館が必要だと
痛感しました。現在は、日米を往復しながら東京においても定期的に
交流会を行っています。

あの時の私と今とは何が違うか。それはたくさんの仲間がいることです。

この交流会も50回余は孤軍奮闘で切り盛りして頑張っていました。
しかし、信用できる仲間が増えて今ではこのような会館を持てるよう
なりました。

実はこの会館設立も4年前から計画をしていたのです。しかし、
周りからの賛同を得られずに計画は流れていました。今回も会館設立
基金を集めている矢先に東日本大震災が起こり、東北への復興支援
に奮闘し、会館設立を断念しなくてはならないのかと思う状況に
なりました。しかし仲間の支えがあり、徐々に会館設立資金が集まり、
このようにマンハッタンのど真ん中に会館を構えられるようになったのです。

ここまで、たくさんの方の支援がありました。
返しきれないほどの恩があります。そしてこの10年間頑張ってこれました。

今まで支えてくれた人たちの為にも、これからの世代に力強くバトン
を渡せるよう頑張っていきたいです。

「頑張る人を応援する」をスローガンにこの会が100年、200年と続く
ようにしっかりとした礎を作っていきたいと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

初出 月刊「アメリカン★ドリーム」9月号
[PR]

by amedorinewyork | 2011-10-06 00:01 | ビジネス・起業