f0088456_2202874.jpg


アメ★ドリ9月号 アメ★ドリ異業種交流会ゲスト記念 インタビュー

Silva (歌手、DJ)

日本では、歌手、DJとして15年間でシングル14枚、アルバム4枚をリリースしメジャーな活動をしていた。また、バラエティ番組「すけスケシルバ」に島田紳助、ユースケ・サンタマリアとともにレギュラー出演し、過激な下ネタも含むぶっちゃけトークで人気を博し、その本音のトークと、詞の世界に対して多くの女性から強い支持を得ている。日本では順調に活動してきたが、クラブ音楽の総本山であるNYで挑戦したいという強い思いから、本年より活動拠点をNYに移した。NYでは自らの音楽活動だけではなく、頑張る日本人を応援するために、次世代アーティストの斡旋やプロデュースなど様々な分野で活躍されていく。これからのNYでの活動の意気込みを語ってもらった。


日本でのデビューの経緯を教えて下さい。

高校3年生の時にスカウトされ、95年、18歳の時に本名でエピック・ソニーからデビューしました。元々、芸能人になりたかったわけではなく作詞作曲プログラマーとして裏方の仕事をしたかったのです。しかし、歌手として契約。とりあえずやってみようと思いデビューしました。まさか自分が表にでるとは思わなかったです。しかし、本名の時は泣かず飛ばずの結果でした。そして、事務所が変わり、98年にSilvaとして再デビューしました。

実は、Silvaになる前は、すごく赤面症でメディアに一切出られないほどでした。今では信用してもらえないけど。本名でやっていた頃の殻を破らないと、折角私のためにレーベルを立ち上げてくれのだし、名前も横文字になったのでパワフルにいかないと思いました。そして、Silvaのキャラは派手で髪の毛もアフロでいこうと設定しました。今までの人生とは180度違います。Silvaでテレビに出た時に、あまりのキャラの違いで親が倒れたほどした。(笑)しかし、そうしたら、赤面症が治りました。でも今もたまにデリで買い物をしている時などに、耳まで真っ赤になってしまうことがあります。悪いことをしているわけではないんですが。


今までと違うキャラクター設定に疲れることはありませんか。
いえいえ。仕事をする時の自分と、生活する時の自分は違います。お客さんに楽しんでもうらえるし、自分も楽しめる。素直に表現しないとお客さんも楽しんでもらえないと、この十数年間の経験でわかりました。子供の頃は、自分の世界の中だけで、それが世に出て、評価だけされればいいと、かたくなになってました。18歳から社会に出たので、正直色々な大人の人がいて、どうふるまったらいいのか、自分の存在をどういう風に、この世界に私があるのか、どう表現したらいいのか、わからなかった。Silvaでキャラを作って、人を楽しませることを優先して、あまり恥ずかしがらずにやることで、曲が売れるようになったり、トークショーに出たりなどのチャンスがもらえて、全然人生が変わりました。今はうまく使い分けているので、楽になれました。


いつからNYに住んでいるんですか。それはなぜですか。

昨年の12月にアーティストビザが取得でき、本格的にNYで生活をしています。日本には家がないです。(笑)

日本でもじゅうぶん歌手として、DJとしてお仕事をやらせてもらってましたが、クラブミュージックの総本山的なところできっちりとやりたい、追求したいと思いNYを選びました。子供の時に洋楽を聴いていて憧れた気持ちをそのままに、現実的にやれるキャリアを日本で積んできた。憧れはあっても、実際に渡米して、住んで、レコードをだして、パフォーマンスをして、ビジネスをしてっていうふうには、なかなか踏み込めないもの。それを先陣きってやってみたい。人生1回きりなので。日本でいっぱい経験をさせてもらったので、挑戦し続けてみたい。そして、NYできっちり、結果をだしていきたい。本当に好きな音楽をきっちり挑戦してみたい。もちろん、日本も大事にしていきたいです。こちらにきて、余計に日本人でよかったと思うところが多いですね。

現在、こちらでの活動は。

制作がメインです。月に何度かアンダーグラウンドでブッキングさせてもらっています。基本は、NYのアーティストと制作をしています。来年のCDを作りたおしています。

元々、日本ではテレビのトークショー、バラエティ、ドラマをやらせてもらっていましたが、作詞作曲し、歌って、DJもしながら、制作、曲提供やプロデュサー、コンポーズやスタジオワークもしていました。日本でもそうでしたが、現在も自宅はスタジオになっています。日本には年に2-3度ツアーで帰る程度で、こちらではKing Street Soundsというところと契約し、日本ではフォーライフでレーベルを出しています。

最後に一言お願いします。

ここNYは人種の坩堝。アジア人は一握りで、たくさんの人たちがいるので、人にかまってられない。噂をネタにもしない文化があって、自分らしさで勝負できる場所。ここにきて、改めて日本人について考えました。繊細で、丁寧で、決め細やかで、時間を守る日本人。多分噂や人の目を気にするのは、日本人くらいかと思いました。

NYでは、すでに活躍してきた日本人がいることに関して感謝する場面が多いですね。私も日本人を応援したいです。自分が先立って成功することで、次のアーティストをこちらに呼べるようになりたいです。自分がビザを取るのも本当に大変で、どうやったらいいかわからなかった。そういうものも、自分がきっちり先導していけるようになりたいです。また、自分の職業で、いろんな企業さんとも何かカタチにしていけるように、この街、この国で、盛り上げていきたいです。そう思ったので、今回のアメ★ドリ会に参加、インタビューを受けました。

9月12日皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

イベント詳細はこちらから
[PR]

by amedorinewyork | 2008-08-30 02:24 | 対談・インタビュー

第63回異業種交流会は、夏休みのせいか3日前まで予約数はたった
の15名。しかし、ふたを開ければ50人が集合し、いつものように盛り上がりました。今年最も少ない人数とはいえ、常に50人以上が参加する会
に成長したんだと嬉しく思いました。

日本政府観光局の亀山所長の話は、日本の観光事情やご自身の留
学経験、官僚の裏話など、面白くためになる内容で参加者一同楽しん
で頂けたと思います。

また、参加者の中には、元プラザホテル社員で現在は売れっ子作家と
なった奥谷さんや、美しく見せる姿勢を推進しているアレクサンダーテクニックの松本先生など、アメ★ドリの紙面でも御馴染みの方々も参加
し、会を一層盛り上げてくださいました。

さて、明日は転職、起業に役立つセミナーを行います。

セミナー後、日本食の前菜や巻き寿司などの軽食をご用意して懇談
会も開催します。

たくさんの参加者お待ちしております!

f0088456_12542412.jpg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 連続ビジネスセミナー
 第3回 米系企業勤務から独立起業まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第3回目となる連続ビジネスセミナーは、「米系企業勤務から独
立起業まで」と題して、米系企業勤務時に何を身につけるべきか、
実際にアメリカ企業に勤務した後に独立したパネリスト4名に経
験談を語って頂きます。

アメリカでビジネスをするには、アメリカ人のビジネスのやり方
を身につけるのが手っ取り早いでしょう。アメリカの会社に就職
し、アメリカのビジネスの考え方、ビジネスチャンスの見つけ方、
アメリカ人の同僚との付き合い方、コミュニケーションの取り方
などを勉強出来れば、アメリカでの独立に役に立たない訳があり
ません。ところが、実際にはいろいろな障害があったり、事前に
考えなくてはならないことが結構あったりするものです。

ABPSメンバーでアメリカの企業に就職し、その後独立した人たち
が経験談を披露します。
現在学生の方、アメリカ企業への就職・転職を考えている方たち
必須のセミナー。Q&Aの時間もたっぷり取って、アメリカ企
業へ
の就職からアメリカでの独立までカバーします。

講演の後は、懇談会も行います。(軽食付)

パネリスト
田中俊充:ヒューレット・パッカード→ベリングポイント→独立
起業、バランスト・ビジネス・アドバイザーズ

サニー沢野千鶴子: アーサーアンダーセン→プライスウォーター
ハウス→デロイト&トウシュ→独立起業、サワノ&カンパニー

中西由紀: CNAファイナンシャル/RVI グループ→独立起業、アル
マ・インク

廣川謙一: GE→アーンスト&ヤング→独立起業、ラウンズバリー・
アソシエイツ

日時:8月27日(水)7時から
場所:日系人会会館 15 W. 44 St. 11 Fl.
講演費:アメ★ドリ特別会員 $25、一般$30 (軽食付)
主催:ABPS、NPOアメ★ドリクラブ

詳細やお申し込みは
http://igyoshu.com/seminar/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第64回NPO「アメ★ドリクラブ」 
 月例アメ★ドリNY異業種交流会
 ゲストスピーカー: Silva (歌手、DJ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月の月例アメ★ドリ異業種交流会は、歌手・DJとして活躍中の
SILVAさんをゲスト・スピーカーとしてお迎えします。

Silvaさんは、日本人離れした歌唱力を武器に、20歳でエピック・ソニ
ーよりメジャーデビュー。その後シングル14枚、アルバム4枚をリリー
スし日本で大活躍されました。歌手活動のほか、ラジオ、テレビやブラ
ンドプロデュースなど多方面で活躍。その本音のトークと、詞の世界に
対して多くの女性から強い支持を得ています。

日本では、歌手、DJとして15年間順調に活動してきましたが、クラブ
音楽の総本山であるNYで挑戦したいという思いから、本年より活動
拠点をNYに移し大奮闘中です。NYでは自らの音楽活動だけではなく、
次世代アーティストの斡旋やプロデュースなど様々な分野で活躍され
ていくようです。
そんなSILVAさんに今までの経緯や秘話、今後のNYでの活動など、
日本人アーティストしての熱い思いを語っていただきます。

本会を、NYに住む様々な日本人との出会いの場所としてご利用下さ
い。恒例の参加者による自己PRコーナーも設けますので、宣伝した
いことがありましたらご活用下さい。

アメ★ドリは頑張る日本人を応援します。
ニューヨーク生活のきっかけはアメ★ドリから!

日時:9月12日(金)開始7時、閉会10時
         (8時までにお越し下さい)
場所:ペキンパーク・レストラン 100Park Ave.
   (入り口は40丁目のパークとマディソンの間)
会費:特別会員$40、一般$45 (飲み放題食べ放題)
定員120名

お申し込みは http://igyoshu.com/

Silvaさんの映像、音楽 www.myspace.com/djsilvajp

特別会員に関して http://igyoshu.com/join_form/member_benefit.htm

f0088456_12552261.jpg

[PR]

by amedorinewyork | 2008-08-26 12:55 | イベント・講演情報

早いもので8月も後半。
楽しかった夏はもうじき終わりになり、新学期のシーズンになります。

来月からは、一年で一番大切なクリスマス商戦に向け、年のしめく
くりに向けて準備に取り掛からなくてはいけません。

ガソリンの値段は少しづつ下がってきましたが、アメリカ経済どこまで
不況に落ちていくのかと心配がありますが。。。。

不況と言えば、日本マクドナルドの創業者の藤田田氏は著書で
こんなことを言っています。

世の中には、ふたこと目には「景気が悪い」という人がいる。商売
がうまくいかないと、自分の頭の悪いことを棚にあげて、景気の悪い
せいにして、責任をすり替えてしまう。これは間違っている。
「景気が悪い」ということは、儲からない”原因”ではなく、与えられた
”条件”にすぎないのだ。与えられた”環境”だといってもいい。

そういった”条件”のもとで、あるいは”環境”の中で、どうしたら儲かるの
かを考えなくてはいけない。

景気が悪いという”環境”をかえていくのは総理大臣の仕事であって、
われわれの仕事ではない。

自分が怠慢で、サボっていて、頭が悪いことを、すべて景気が悪いことに
なすりつけているようでは、絶対に儲からない。こういう人は、景気が
いいときでも儲からない人である。

事実、景気のいいときでも、儲かってない人はごまんといる。逆に、景気が悪い
ときでも儲かっている人はたくさんいるのだ。そこを考えなければいけないのだ。

「景気が悪い」ということは、いってはならない。景気が悪いことと、儲からない
ことは、まったく関係がないからだ。

引用:「天下取りの商法」藤田田著 KKベストセラーズ刊

確かに、不況の時にも必ず勝ち組はいます。
不況に強いビジネスモデルを考えて、「不況をチャンス」に変えた
いものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 連載 「ニューヨーカーの条件」
  第9回 世界を動かすユダヤ人から学べ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私がNYで起業した時の最初のお客さんは、5番街でクリニックを
持つユダヤ人医師だった。公私共にお付き合いをし、随分とビジ
ネスに関して教わった。

数年前に再会した時のことだ。私が事業に失敗し倒産したことを
話すと、彼は言った。「失敗して、これでやっと我々の仲間入りだ。
偉大な実業家は必ず失敗をしている。これで君も実業界で博士号
を取ったのだよ」と。

失敗なくして、事業の成功はないと言うわけだ。日本では失敗し
たことで、まるで罪人のように手痛い烙印を押されるが、歴史的
に様々な迫害を受けながらも、気丈で頼もしいユダヤ人らしい言
葉だと感じた。

ユダヤ人といえば「銀座のユダヤ商人」の異名をとる日本マクド
ナルドや日本トイザらスの創業者藤田田さんを思い出す。残念な
がら、2004年に亡くなられたが、事業に成功しただけではなく
「ユダヤの商人」等のベストセラー本を出し、ソフトバンクの
孫正義さんをはじめ、多くの起業家から「金儲けの天才」として
尊敬されていた。

その藤田さんから亡くなる前年に直筆の手紙を頂いた。私はそれ
を遺言のように大切にしている。マクドナルドの便箋に、細かい
字がびっしりと詰まっていた。そこには

「NYでビジネスをするのは、ご苦労が多いと思います。が、事業
は1人では出来ません。良いユダヤ人と組んで事業を進める事で
す。日本人はアタマがユダヤ人のように働きません。ユダヤ人は
賢明です。事業は私のモットーである”勝てば官軍”です。アメ
リカは日本と違ってパートナーシップが発達しています。広い心
を持ってパートナーと組むべきです。又最初から大物を狙い事業
を進めるべきで、小物を狙うのは容易ですが大成は望めません」
と書かれている。

そして「アメリカは知恵があれば事業拡大しやすい国です。日本
の様にネタミとかヤッカミがありません。大いに頑張り石に、
かじりついてもやり通す強いに人なってください」と結んであっ
た。

金融、メディア、法律、医療に強い勢力と影響力を持つユダヤ人。

彼らは金を道具として考えている。だからこそ、誰はばかること
なく正々堂々と金儲けに徹することができる。

日本人の私は時折、長年の友人でもそのドライな金銭感覚に舌を
巻いてしまうことがある。

そもそもユダヤ人とは?という疑問を持ち、ユダヤ人を知りたく
て、湾岸戦争の翌年に、イスラエルのテルアビブ大学に留学した
ことがある。クラスメートの親は、弁護士、医師、会社社長だら
け。勉強をしてないように見えたが、皆優秀でびっくりした。

ユダヤ人は、人種ではなく、ユダヤ教を信仰する者(宗教集団)、
あるいはユダヤ人を母親にもつ者(民族集団)という2つの捉え
方がある。多くの大企業の設立者や天才科学者にユダヤ人がいる
(ロスチャイルド、アインシュタイン、スピルバーグなど)。
しかし、優秀がゆえに疎まれて、第2次世界大戦時ではナチに大
虐殺を受けたという悲しい歴史もある。

日本だと日本のマナーを気にするが、NYにいるなら世界レベルで
やりたい。何といっても、そういうものに身近に触れられるのが
NYの醍醐味だ。NYはユダヤ人だらけ。せっかく、NYにいるのだか
ら世界のビジネスの最先端を行く人々の術を盗んだほうがいい。
ユダヤ人のしたたかさ、合理性、国際感覚、倫理観を学びたいものだ。

メルマガより
[PR]

by amedorinewyork | 2008-08-19 23:33 | 自己啓発

新連載 「教えて!アメ★ドリ101 」を始めました。

会社設立、特にLLCとC-corpについてです。
弁護士の加藤恵子さん、会計士の山口猛さんに答えて頂きました。

*LLCとC-corpの違い(メリット、デメリット)を教えてください。

1) C Corporation(株式会社)

① 特徴

· 一定数の株式を発行し、各株主が出資の限度で有限責任を負う法人。解散をしない限り、会社は永久に存続する。

· C-Corpのメリットは、会社は株主・取締役・役員など構成員とは別個の法人格を持つため、各構成員の責任は有限であること。また、株の譲渡も容易な点。

· デメリットは、課税面において法人税と配当金に対する株主への所得税という2段階の課税が生じる点。

  ➁ 組織 - Shareholder (株主)、 Director(取締役)、 Officer(役員)で構成する。

2)LLC-Limited Liability Company(有限責任会社)

  ① 特徴

LLCは、近年、多くの州で法律上認められた法人の一形態である。よく日本の有限会社と混同されがちだが、法律上(会社法及び税法上)、日本の有限会社とはまったく異なる形態である。
LLCは小規模の法人形態で、会社として株式会社のように有限責任で、税務上は、メンバーと呼ばれる出資者の個人の所得に課税され、二重課税が生じない点がメリットである。税務上、LLCは、選択で普通の株式会社としての取り扱いを選択することもできる。
デメリットとは、LLCは小規模の法人形態であり、大規模な事業展開には不向きであること。また、LLCは比較的近年に認められた形態であるため、構成員の責任についての判例等まだ法律上で不確かな点もある。さらに、株式会社と異なり、その存続期間は永久ではなく、設立時に存続期間を決定する必要がある。なお、米国外の国(たとえば日本)在住の人がメンバーとして出資者になった場合、そのメンバーは米国で個人の税申告をしなくてはならない。その税申告を避けるには、株式会社と同様の税務取り扱いを選択をする必要がある。

 ➁ 組織  
会社設立にあたり出資する人々や経営に携わる人々は、株主や取締役でなく、Member(メンバー)と呼ばれる。有限というように個々のメンバーは、個人的に会社全体や他のメンバーの債務や義務に対し責任を負うことはなく、各人が出資した分に対し責任を負う。

*LLCの設立の際は、新聞広告は必要なのでしょうか。

デラウエア州を始め多くの州では、新聞告知を義務をなくしましたが、NY州、AZ州、NE州では、LLC設立には新聞告知をする義務を課しています。NY州では LLCを設立したり、LLCとして業務を行う場合は、設立後120日以内に、会社の所在地のカウンティーで配布される2種類の新聞に週に一回、6週間の間、LLC 設立の告知を出さなければならない。そして会社設立後180日以内に州政府に新聞告知をしたという宣誓書を提出しなければなりません。

この新聞告知は、所在地のあるカウンティーに連絡をし、カウンティーが告知を出すべき新聞を指示する。指示のない新聞に広告を出すことは不可。(例えば、Daily Post と指示されながら、広告費が安いからという理由で Village Voiceに出すことは許されない。)

広告費は、所在地の州やカウンティーによって異なるが、だいたい1500ドルぐらいから2500ドル以内。


この告知を出さないで業務を開始した場合、会社の登録は不完全な登記と見做され、州内で訴訟の当事者になれません。また、銀行等の融資も受けられなくなるというリスクもあります。


*C-corpを設立しようと思っています。デラウエア州で会社を設立するメリットは何でしょうか。

デラウエア州の会社法は法人にとって非常に融通性があります。例えば、企業買収やリストラクチャリングなどの複雑な取引が機動的に実施できるようになっています。

デラウエア州には企業関係の紛争を処理する Court of Chancery (衡平法裁判所)があり、非陪審制、豊富な先例(会社法の領域で210年を越す歴史を有する)、裁判が迅速に行われる上に、会社法、破産法の専門性については広く知られています。企業からすれば、法的安定性の面で自らの法務リスクの低減が図れます。

大きなメリットは、デラウエア州内で事業を行わない限り、州の法人所得税は課税されない点です。NY州を含む数州では、会社の所得については(州内の事業であるか問わず)州の所得税が課税されます。全所得のうち、その州に帰属する分を按分します。デラウエア州では、州内で事業を行わない場合は、州の法人所得税が課せられない代わり、州政府にフランチャイズ税として株式会社最低75ドル(無額面株5000ドル株まで発行可能の小規模会社)、年次報告書費用25ドル、その他デラウエア州内に法的代理人(Registered Agent)をおく必要がありその法的代理人にエージェント費用として毎年200~300ドルほど支払う必要があります。

上記理由から、他州にまたがる事業をする企業はデラウエア州に法人登記をするとメリットが大きい。例としてあげると銀行業、運輸業、商社、IT関連会社等です。

ただし、はじめからNY州やNJ州にオフィスを置き、その州でのみ業務を展開する予定ならば、デラウエア州に法人を設立することは無駄になる場合もあります。それは、デラウエア州に会社を設立しても、NY州やNJ州で業務開始(支社設立)登記をしなくてはならないからです。それに、毎年デラウエア州政府にフランチャイズ税、年次報告書費用を支払い、また法的代理人にエージェント費用も支払わなければならないからです。

by 「教えてアメ★ドリ101」 加藤恵子弁護士


*会社維持のために、最低必要な経費・税金はいくらでしょうか。C-corpまたはLLC 、NY州またはデラウエア州で設立を考えています。


 まず、C-Corp.または LLCでも会社を設立するのに費用が最低300ドルー500ドル掛かります。NY州、デラウエア州の違いは最近では余りありません。

 C-Corp.とLLCの違いは、LLCの場合、若干のフィーをLLCのレベルで払いますが、LLCレベルで法人税に相当する税金を払う必要は無く、個人のレベルで個人所得税を払うだけになります。LLC は、C-Corp.の二重課税を避けることが出来るので人気があります。

 一旦、C-Corp.を設立すると、次の税金、保険などを支払わなければなりません。
  1.法人税(連邦と州又は市)、
  2.給与に関連する雇用者負担社会保障税、
  3.失業保険、労災保険、傷害保険 などです。

 法人税は課税所得が出た場合にのみ掛かります。連邦法人税率は累進課税で課税所得の額により15-39%。損失の場合は掛かりません。州法人税の税率は州によって違いますが、約7-9%と考えてください。

 州には最低税金というのがあり、損失を出しても100ドルから800ドル位の税金を払わされます。雇用者負担の社会保障税は、給与額10万2千ドルまで7.65%、従業員採用に伴って強制的に払わなければならない保険料は過去の経験率をベースに計算されます。

 ラフな計算ですが、会社が最初の3年位損失を出しても、従業員を雇えば毎年雇用者負担の社会保障税と保険料、州の最低税金で約1万ドル位の費用が必要になります。

 税金は、連邦税、州税と複雑で、例えば、損失は20年繰り越すことが出来るのですが、加速度償却などを採用していると代替ミニマム税が掛かるなど、分かりにくいので専門家の助けが必要です。



*インターネットビジネスで、デラウエア州で会社を設立しようと思っております。会社の所在地はNYですが、インターネットビジネスなので、売買は基本的にネット上です。この場合は、NY州にも登録して、税金を納めなくてはいけないのでしょうか。

 連邦法人税は、国税に相当するものなので、会社の所在地に関係なく支払わなければなりません。

 インターネットは確かに無形のものですが、州の法人税は、どこでビジネスを行うのか、どこに事務所を構えるのかが課税の鍵になります。デラウエア州で会社を設立しても、デラウエア州でビジネスをやらない場合は、デラウエア州には$75のフィーを払うだけで、税金は払いません。

 一方、事務所があるNY州に営業登録をしてNY州法人税を払う必要があります。NY州で課税されるか否かは、NY州内でビジネスをやっているか、資本を使用しているか、資産をリースしているか、または事務所を持っているかで決まります。この考え方は、ほとんどの州が採用しているので、他の州に事務所を移しても結果は同じになります。

 もし、NY市内に事務所を構えると、NY市の法人税も掛かります。税率は、NY州の場合、課税所得に対して7.1%,又は資本ベースに対して0.178%、又は、最低税金として$100のいずれか一番大きい額を払うことになります。ビジネス活動を中止して、資産、売り上げ、給与が$1,000以下になったような会社の場合、最低税金が$800になるので早く会社を清算しないと損になります。NY市の法人税率は、課税所得の8.85%、又は資産ベースの0.15%,又は、最低税金の$300のいずれか一番大きい額を支払います。

by 「教えてアメ★ドリ101」 山口猛CPA

**************************
アメリカ会社設立に関してはこちらから
http://www.uskigyou.com/
[PR]

by amedorinewyork | 2008-08-11 04:43 | ビジネス・起業

先日の日曜日、アメ★ドリ司会のヨシ天尾さんが通う、誠道カラ
テ恒例の朝稽古が、私の家の前のビーチで行われました。

朝早いのは大変ですが、日の出に向かって瞑想するということに
つられて、私も参加することにしました。

誠道塾の中村忠会長は、毎年8月の第1日曜日に、早朝4時30分か
らこの行事を42年間続けているようです。

これはお盆にあわせ、ご先祖様へのご供養として行っているとの
ことです。
かがり火をたいて、6時前後の日の出を見ながら、ご先祖様へ
尊敬と感謝の気持ちで30分間瞑想をします。

そして、海に入りながら基本の空手のカタの練習や、武器の動き
の練習、そして騎馬戦などを行います。

いつもは300人くらい集まる大行事なそうです。

前日から天尾さんは私の家に泊まり、眠い目をこすっての参加でした。
幸いにも快晴で、清々しい朝でした。

会長から頂いた、早朝のおにぎりは格別の味でした。有難うございました。

早起きはいいですね。気持ちもいいし、一日を有効活用できます。
「早起きは三文の徳」といいますが、これを機会にこれからは
1時間半早く目覚ましをかけることにしました。

誠道塾(The World Seido Karate Organization)
http://web.seido.com/

f0088456_23292522.jpg


f0088456_2330272.jpg

中村忠会長

f0088456_23351595.jpg


f0088456_23354455.jpg



f0088456_23361725.jpg



f0088456_2336568.jpg



[PR]

by amedorinewyork | 2008-08-06 23:37 | クオリティオブライフ(日々)

 「ニューヨーカーの条件」
  第9回 世界を動かすユダヤ人から学べ

私がNYで起業した時の最初のお客さんは、5番街でクリニックを持つ
ユダヤ人医師だった。公私共にお付き合いをし、随分とビジネスに
関して教わった。

数年前に再会した時のことだ。私が事業に失敗し倒産したことを
話すと、彼は言った。

「失敗して、これでやっと我々の仲間入りだ。偉大な実業家は必ず
失敗をしている。これで君も実業界で博士号を取ったのだよ」と。

失敗なくして、事業の成功はないと言うわけだ。日本では失敗した
ことで、まるで罪人のように手痛い烙印を押されるが、歴史的に
様々な迫害を受けながらも、気丈で頼もしいユダヤ人らしい言葉だ
と感じた。

ユダヤ人といえば「銀座のユダヤ商人」の異名をとる日本マクドナ
ルドや日本トイザらスの創業者藤田田さんを思い出す。残念ながら、
2004年に亡くなられたが、事業に成功しただけではなく「ユダヤの商人」等の
ベストセラー本を出し、ソフトバンクの孫正義さんをはじめ、
多くの起業家から「金儲けの天才」として尊敬されていた。

その藤田さんから亡くなる前年に直筆の手紙を頂いた。私はそれを
遺言のように大切にしている。マクドナルドの便箋に、細かい字が
びっしりと詰まっていた。そこには

「NYでビジネスをするのは、ご苦労が多いと思います。
が、事業は1人では出来ません。良いユダヤ人と組んで事業を進める事です。
日本人はアタマがユダヤ人のように働きません。ユダヤ人は賢明です。

事業は私のモットーである”勝てば官軍”です。
アメリカは日本と違ってパートナーシップが発達しています。
広い心を持ってパートナーと組むべきです。
又最初から大物を狙い事業を進めるべきで、
小物を狙うのは容易ですが大成は望めません」と書かれている。

そして「アメリカは知恵があれば事業拡大しやすい国です。
日本の様にネタミとかヤッカミがありません。
大いに頑張り石に、かじりついてもやり通す強いに人なってください」

と結んであった。

金融、メディア、法律、医療に強い勢力と影響力を持つユダヤ人。
彼らは金を道具として考えている。
だからこそ、誰はばかることなく正々堂々と金儲けに徹することができる。

日本人の私は時折、長年の友人でもそのドライな金銭感覚に舌を
巻いてしまうことがある。

そもそもユダヤ人とは?という疑問を持ち、ユダヤ人を知りたくて、
湾岸戦争の翌年に、イスラエルのテルアビブ大学に留学したことがある。
クラスメートの親は、弁護士、医師、会社社長だらけ。勉強をしてないように
見えたが、皆優秀でびっくりした。

ユダヤ人は、人種ではなく、ユダヤ教を信仰する者(宗教集団)、
あるいはユダヤ人を母親にもつ者(民族集団)という2つの捉え方があ
る。多くの大企業の設立者や天才科学者にユダヤ人がいる(ロスチャ
イルド、アインシュタイン、スピルバーグなど)。

しかし、優秀がゆえに疎まれて、第2次世界大戦時ではナチに大虐殺
を受けたという悲しい歴史もある。

日本だと日本のマナーを気にするが、NYにいるなら世界レベルでやりたい。
何といっても、そういうものに身近に触れられるのがNYの醍醐味だ。
NYはユダヤ人だらけ。せっかく、NYにいるのだから世界のビジネスの
最先端を行く人々の術を盗んだほうがいい。ユダヤ人のしたたかさ、
合理性、国際感覚、倫理観を学びたいものだ。

板越ジョージ
[PR]

by amedorinewyork | 2008-08-06 22:34 | ニューヨーカーの条件

「グラウンド・ゼロ 9・11 アメリカ同時多発テロ  NYと日本人コミュニティーのその後」
のサイトを開設しました。

http://newyork911.exblog.jp/m2006-08-01/
[PR]

by amedorinewyork | 2008-08-04 23:58 | 9・11同時多発テロ