ニューヨーカーの条件  
第6回
いい加減に生きる努力。しぶとく生きよう。

気がつけば今年で在米20年になる。まさかこんなに長くなるとは思わなかった。
日本では落ちこぼれのレッテルを貼られた私は、高校卒業後、
バイク急便で留学費を貯めてアメリカに渡った。

成り上がりを目指して、とにかく大学時代は勉強した。大学卒業後は、サウスカロライナの田舎から、大志を抱いて、NYに渡る。

時は、インターネットベンチャー草創期。ヤフーやアマゾンが誕生した、1995年に私もそんな気運の中、NYで起業した。若さに任せ、勢いと気合だけでビジネスを推し進めた。

ネットバブルの追い風に乗り、最年少上場を目指し巨額の投資を集め、事業は順調に進んだ。俄かミリオネアを味わった。しかし、ネットバブルは崩壊、そして忌まわしいテロに止めを刺され夢は終わった。巨額の借金を抱えて、従業員も信用も失い、何よりも自分自身である自信を失った。生きている意味を感じなくなった。

今だから言えるが、このアメ★ドリ創刊直後も、6ヶ月の家賃を払えず事務所は強制退去。社員は解散。ビジネスホームレスになってしまった。冗談にならないが、アメ★ドリが主催する異業種交流会は、毎回私の送別会だと思って泣く泣く開催していたのだ。

私の恩人は言う「人生は七転び八起き。首の皮一枚繋がっていれば何とかなる。」と。

最悪の状況は4年半続き、そのあとのリハビリにも1年かかった。長い鬱ともやっと別れを告げられた。NYで生き残る条件は何か―。私は「しぶとく生きる」としか言いようがない。つらい時、何度も投げ出そうとした。しかし、日本へ帰りたいとはなぜか思わなかった。

こう言う時は、頑張ろうと思えば、余計につらくなる。だからいい加減に生きる努力をした。
私は、もしセカンドチャンスが与えられてもしまた立ち直ることができたら今度は「ライフスタイル」を大切にする。人に迎合することなく自分自身に素直に生きる。例えそれがお金になるようなことでも、自分では気に入らないと思ったことはしない。自分の魂に素直に生きると決めたのだ。継続していればなんとかなるものだ。と思う今日この頃である。
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-19 01:04 | ニューヨーカーの条件

先日は、炎天下の中ジャパンデーが行われました。

我らアメ★ドリ軍団は、ゴザを大きく広げ、おにぎりやサンドウ
イッチなどを皆で大量に持ち込み、まるでお花見状態でした。

ジャパンデーに出演した、殺陣のヨシ天尾さんや、ダンサーのエ
ビケンさんなどもお弁当を食べにきてくれて、10-20人で楽
しみました。

日本で一世を風靡したお笑いの長井秀和さんも遊びにきてくれま
した。

長井さんは「まるで親戚のおじさんに呼ばれたような席」とおっ
しゃっていました。

楽しいたくさんの仲間がいるのは楽しいですよね。

来年もジャパンデーは続くのかな。。。
折角なので続けてもらいたいですね。

さて、次回はJVCアメリカの斉藤社長をお迎えします。

たくさんの参加者をお待ちしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第61回NPO「アメ★ドリクラブ」 
月例アメ★ドリNY異業種交流会
講師 斉藤学 (JVC Americas Corp. 社長)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第61回目を迎える月例アメ★ドリNY異業種交流会では、JVC
アメリカの斉藤学社長をお迎えします。

JVCといえばジャズフェスティバル。
JVC ジャズフェスティバルは、NYの風物詩として親しまれ、
世界有数のジャズの祭典として 支持されている国際的なビッグ
イベントです。
NYでは6月15-28日まで開催されます。

そんなホットな会社の社長をお迎えしてお話しをうかがいます。

恒例の参加者による自己PRコーナーも設けますので、宣伝した
いことがありましたらご活用下さい。

アメ★ドリは頑張る日本人を応援します。
ニューヨーク生活のきっかけはアメ★ドリから!

日時:6月20日(金)開始7時 閉会10時 
場所:ペキンパーク・レストラン 100Park Ave.
   (入り口は40丁目のパークとマディソンの間)
会費:特別会員/女性$35、男性$40、
   一般/女性$40、男性$45 (飲み放題食べ放題)

お申し込みは www.igyoshu.com

特別会員に関して http://igyoshu.com/join_form/member_benefit.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 連続ビジネスセミナー
  第1回 「誰でもアントレプレナーになれる!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「起業する」というと、誰でも身構えてしまいます。
しかし、知恵をつかえば身の回りに起業のネタは転がっています。
そのネタを見つけたら、次に安定したビジネスに育て上げる工夫
が必要です。

50才を越えてベンチャーを成功させたという起業の実例を見なが
ら、起業の勘所を皆さんと考えてみたいと思います。

講演の後は、懇談会も行います。(軽食付)

講師:廣川謙一(Managing Director, Lounsbury Associates,LLC)

日時:6月18日(水)7時から
場所:日系人会会館 15 W. 44 St. 11 Fl.
講演費:アメ★ドリ特別会員 $25、一般$30 (軽食付)
主催:ABPS、NPOアメ★ドリクラブ

詳細やお申し込みは
http://igyoshu.com/seminar/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ NPO「 アメリカン★ドリームクラブ」
 特別個人会員キャンペーン
日経ビジネスも当たる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

頑張る日本人を応援するNPO(非営利団体)アメリカン★ドリ
ームクラブでは、活動をサポートしていただく特別個人会員なら
びに法人サポーターを募集しています。

個人の方には、異業種交流会やセミナーの5ドル割引や、大使公
邸で開催される交流会など、特別会場での優先予約の特典があり
ます。

さらに、プレミアム会員には毎月のアメ★ドリ誌の無料郵送サー
ビスやコンサートや講演の無料招待などの特典もあります。

またこの度、日経BPアメリカ社との提携により、抽選で10名
の方に、「日経ビジネス」の半年購読($180)をアメ★ドリから
プレゼントすることになりました。

今後は提携企業を拡充し、レストランやショップ、ホテル、医療
などの優待割引店を増やしていきます。たくさんの皆様のサポー
トを心よりお待ちしております。

詳細やお申し込みは
http://igyoshu.com/join_form/member_benefit.htm
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-11 03:15 | イベント・講演情報

6月3日は私の40歳の誕生日でした。

誕生日の1週間前から色々な人にお祝いしていただき、
何度も乾杯してもらいました。

自慢話をしたいのではなく、アメ★ドリに関わる皆さんに
感謝の気持ちをお伝えしたいのです。

26歳から33歳まではネットバブルの影響もあり、
私の人生はバブッってました。

しかし、9・11を境に人生は転落。
7.4ミリオンもある会社を倒産させてしまい、借金地獄に陥りました。

たくさんの人から中傷を浴び、自信をなくしてしまいました。
もう人生は終わったと毎日嘆いていました。

あれから7年がたちました。

今では、こうしてたくさんの人に祝ってもらっています。
こんな日が来るなんて、夢にも思っていませんでした。

頑張れば、継続すればこういう日が来るんだと改めて思いました。
「人生投げたらあかん!」というCMが昔ありましたが、まさにその通りです。

家族だったり、友人だったり、恋人だったり、自分を支えてくれる人は必ず身近にいます。
だから、投げたらあかん!のです。
私も皆さんを支える人間になろうと強く思いました。

毎日があたりまえと思ったらいけない。
感謝の日々です。

これからも、僭越ながら頑張る人々の応援団として
頑張っていく所存です。

今後とも、よろしくお願いします。

板越ジョージ
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-07 05:08 | イベント・講演情報

■ 連載 「ニューヨーカーの条件」 第8回
 Work Hard, Work Smart.. ニッチを掴め!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ニッチ(隙間)をつかむと案外簡単にアメリカで成功します」。

NYには世界各国から、一番になりたい人間が我も我もと押しか
けてくる。それを「ラットレース」と言う。

そんなラットレースを勝ち抜いた日本人の元祖は、間違いなく
紅花レストラン創業者ロッキー青木さんだろう。
アフロヘアにモンゴリアン髭のロッキーさんは、マスコミを上手
に使い、アイディアと冒険の数々で人生を切り開いてきた達人。
NYに住む日本人では数少ない成功者といえる。

ロッキーさんは1959年慶応大学に在学中に、大学レスリングの
遠征として渡米。400ドルを元手にハーレムでアイスクリーム屋
を始めた。

当時のハーレムは超危険地域。暴行されたり刺されたりしたが、
それでも負けずに根性で翌日には同じ場所でアイスを売って、
1万ドルを貯めた。

残り1万ドルは銀行から融資を受け、2万ドルを元手にNYで紅花を
創業した。

当時の日本では、お好み焼き屋が流行ってた。
アメリカ人は面白いもの、変わったものを常に探している人種。
だから「お好み焼き屋をやってみよう!」と思ったそうだ。しか
し紅花をオープンした1960年代、お好み焼きを食べにくるアメリ
カ人などいるはずもなく、お店は全く流行らなかった。

どうしたものかとアメリカ人を見ていると、お好み焼きから肉だ
けを拾って食べていた。
そこでアメリカ人は何が好きなのか独自に研究した結果、
1、ステーキ、
2、鶏肉、
3、海老
だということがわかった。

そこで鉄板焼きに業態を転換した。

ちょうどその頃、父親がNYまで応援に駆けつてくれた。
お好み焼きではつまらないから、何か面白いパフォーマンスをし
たらいいのではないかとアイディアをだしてくれる。それが今の
紅花スタイルという鉄板曲芸パフォーマンスとなった。ヘラを回
してみたり、海老をお客さんに飛ばしてみたり。

このアイディアのお陰で、新聞やテレビの取材が殺到。
突然お店が流行りだした。ヒルトンホテルのMr.ヒルトンも紅花
のファンになり、ヒルトンホテル内にオープンしメジャーの仲間
入りを果たした。

成功のきっかけは意外なところにあったのだった。

「ラットレース」を勝ち抜くためには「ニッチ」を掴まなくては
いけないとロッキー氏は力説する。

世の中は常に変化している。今の人の心を掴むのが鍵であるとい
う。
日本では20代がトレンドリーダーといわれるが、アメリカでは
40代前後のマーケットが大切だと言う。

ロッキーさんのモットーは “Work Hard、 Work Smart”だ。

一生懸命に働き、そして賢く生きる。

ロッキー氏は「メディアを使って全世界に面白さを伝えたことが
大きなきっかけとなった」と振り返る。

Hardだけではなく、Smart(賢さ)も合わさって今の成功がある。

板越ジョージ
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-06 01:47 | ニューヨーカーの条件

板越ジョージ
在NY起業家、中央大学政策文化総合研究所客員研究員。

1968年東京・葛飾生まれ。高校卒業後、バイク便で留学費を稼ぎ、1988年に単身渡米。サウスカロライナ大学国際政治学部卒業。在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。イスラエル、ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。

日米20往復し中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)。
同大学院総合政策研究科博士後期課程。情報社会学会所属。

95年に広告業ITASHO America, Inc.を創業。7つの会社を経営し、株式公開直前までいったが、9・11の影響で沈没。多額の借金を背負った。

現在は、NYで出版社、小売・卸、ベンチャー支援、米国進出コンサルティング業などの会社を営む傍ら、NY日本人最大のNPOネットワークJaNetの発起人としてNYに住む日本人をサポートしている。

在NY日本国総領事館海外安全対策連絡協議会委員、坂本龍馬財団理事、東京国際アニメフェア実行委員、成城大学招聘講師(ベンチャービジネス論、経営管理論、国際関係論)、中央大学政策文化総合研究所客員研究員なども務める。

著書に週刊「SPA!」の3年半の連載をまとめた「リベンジ人生道場(扶桑社)」や、「とにかくどこかの会社にもぐりこむための77のヒント(扶桑社)」、「グラウンド・ゼロ(扶桑社)」等。

中学時代は元ジャニーズという異色の経歴を持つ。 

FB、TW: “George Itagoshi”
メルマガ: http://groups.yahoo.co.jp/group/amedoriclub/
メール: info@itasho.com

詳細プロフィール はこちらから 
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-04 13:55 | プロフィール

東京葛飾生まれ。
実家はゴミ屋(一般・産業廃棄物処理業)。

小学生  坊主頭の野球少年。
中学時代 ジャニーズJr.として活動。
高校時代 バイク、バンド、サーフィンとヤンキー仲間と遊びまくる。
浪人   死ぬほど勉強したが、全滅。
19-20歳 バイク便でお金を稼いで、リベンジかけて渡米。
21-24歳 バックパックを背負って貧困の街、内戦地区など世界35カ国を遊訪。
24歳 サウスカロライナ大学国際政治学部卒業。
25歳 NYの出版社に就職。編集職につけずに営業職。
26歳 NYで起業。
28歳 格闘技にはまる。本業の傍ら、K-1米国副社長になる。
30歳 初の自伝的書籍を出版。週刊SPA!などで連載開始。
31歳 多額の投資金を集めて米NASDAQへ日本人最年少として上場計画。
32歳 贅沢放題。バブリー生活を満喫。メディアへ多数出演。
33歳 9・11の影響などで大倒産。
34-37歳 死にたいけど死ねない。借金苦でどん底の生活。
38歳 千葉真一らとハーレーでアメリカ大陸横断。
39歳 大倒産のショックから完全復帰。事業が軌道に乗る。
40歳 ビーチで暮らす自由人となる。組織をNPO化する。
41歳 若手の育成に目覚める。 NYから東京の大学院へ奨学金を得て通う。
43歳 日米20往復し大学院を卒業。NYに日本人会館を設立する。


50代    もう1勝負しようかな。
60代    世の為人の為。余裕で生きたい。
70代    世界平和。長生きは考えてない。


アメリカン★ドリームパブリッシング
http://amedori.net/
交流会(NPO):
http://igyoshu.com/
起業家支援:
http://uskigyou.com/

f0088456_2223257.jpg

[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-03 23:19 | プロフィール

随分前の映像ですが、フジテレビのシティ・ウイズに紹介された時のものです。
emoticon-0160-movie.gif
http://www.youtube.com/watch?v=Lh7tcW1N3xU&feature=channel_page
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-03 03:43 | プロフィール

私が以前テレビに出演したものです。

http://www.youtube.com/watch?v=C664OA85mvw
emoticon-0160-movie.gif
よかったらご覧下さい。

TBSの「ニュースバード」という報道番組です。

ニューヨーク異業種交流会 「アメリカンドリームをつかんだ日本人 ビジネスマン」
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-02 12:18 | プロフィール

私は大都会マンハッタンにいながら、車で45分南へ行ったビーチフロントに住んでいる。
窓からは180度大西洋を眺め、潮風と波の音に癒されながらの生活だ。

朝日の眩しい早朝から机に向かい、書斎の窓から水平線を見ながら仕事をし、午後にはサーフィンを楽しむ。部屋を綺麗に掃除し、植物を育て、海岸を散歩する。

会社の滞在時間は週に3-4時間程度。仕事をしていない訳ではない。
私は仕事が趣味のようなもので週末、日昼夜や問わず仕事をする。ある意味、仕事の定義が少し違う。

オフィスはマンハッタンの若者の街イーストビレッジ。
そこには社長室もなければ、私の机もない。あいている席に座るだけ。
打ち合わせはもっぱら近所のカフェ。パソコンがあればどこでも仕事ができるようになってる。

大金持ちではなくても、自由に生きる贅沢。こんなことをしていいのかと自問してしまうこともあるが、私は9・11で倒産を経験してからは、“ライフスタイル”を大切に生きると決めた。

自分の生活を大切にすることが、人に対して余裕を持って接することにも繋がる。
がむしゃらに働かなくてはゴールを達成出来ないと考えがちだが、中道を見つける事も大切だ。

人生はバランス。カラダと心のバランスを持って仕事に励み、自分の生活も楽しむことが大事だと思っている。
[PR]

by amedorinewyork | 2008-06-01 13:57 | ニューヨーカーの条件