連載 「ニューヨーカーの条件」 5

 幸運を引き寄せる圧倒的な努力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私の自宅近くに、2年以内にレストランが3回潰れた場所がある。
そこに06年11月、LAを拠点としたおまかせ寿司専門「佐々舟」
がオープンした。

いわくつきのこの場所に、アメリカ人にはまだ馴染みの薄いおま
かせ専門の寿司屋をオープンするなんて無謀だと、誰もが思って
いた。

LAの店から暖簾わけしたオーナーシェフの高橋賢二さんは私の
親友の友人であり、昨年の我が家の新年会にも参加して頂いた。

私に出会う直前に、オープンしてまもない店が、ニューヨークタ
イムスのレビューに大々的に紹介されたと言う。それまでは一日
数人の来店客だったが、掲載後は予約の電話が鳴り止まなかった
と嬉しそうに話していた。

こんな競争の激しいNYで、なんと運のよい人だと思った。

それから一年後、今年もまた新年会で再会した。少し疲れている
ようだったが覇気があり、どこか安堵感と自信が感じられた。

新年の挨拶のあと、近況を訪ねた。「最近少し疲れました。週6
日、4時半から仕入れに行って11時半まで働いています」という。

私は耳を疑った。4時半とは午前?午後?

高橋さんはお店をオープンして以来、毎朝4時半に自ら仕入れに
行き、夜11時半まで働いているという。そしてLAに住む家族と
は離れてお店の上のアパートに住んでいるという。休みは日曜日
のみ。体が悲鳴をあげるのも当然だ。

LAの「佐々舟」で寿司職人として4年間修行を積み、LA
からNYのこの物件を決め、あとはサインを待つだけの状況でNYに
移住してきた。

しかし、ここはNY。一筋縄で交渉ごとが進むはずが無い。
すったもんだがあり、交渉に4ヶ月も時間を費やされ、弁護士費用な
どもかさみ、手持ち資金はマイナスからのスタートとなってしま
った。

お店をオープンしてからは、お客さんに喜んでもらいたいと、
自ら魚を厳選して、100%お任せのお店を貫く。てんぷらな
どを提供する店もあるが、高橋さんはあくまでも寿司とさし
みだけで勝負。だから飽きられてしまわないように努力する。

お店に来てもらえないというのはお店を否定されているとい
う意味だ。暖簾わけをしてもらった以上、それでは師匠や弟弟子達に
申し訳ない。

NYの厳しい競争下では、例えおいしくても、それだけで人
は集まらない。「絶対的な努力をしないと勝てない」と高橋さんは語
気を強める。

朝の仕入れを行かなければ楽になる。しかし、それをやった
ら他のお店と同じなってしまう。仕入れをやめるくらいなら1日休む
という。

生き馬の目を抜くNYで、何百店あるレストランの中で、勝つた
めにここまで努力しないといけないのかとつくづく思った。ここ
で生き残っていく店とそうでない店の違いを痛感した。

彼を見て思う。「本当に自分は努力しているのだろうか」

本当に勝つためには圧倒的な努力が必要なのだと改めて思っ
た。
この圧倒的な努力があってこそ、幸運を引き付けるのだと。
人それぞれ自分なりに努力しているとは思う。しかし客観的に自
分を見つめ、本当に自分に偽りがなく最後の最後まで努力し
ているのか―。

それを知るのは自分のみであり、悔いなく生きる条件である。

勝利の女神はこういう努力者に微笑むのだろう。

過去の「ニューヨーカーの条件」はこちらから
http://amedori.exblog.jp/i14/


板越ジョージ (起業家・作家)
東京・葛飾生まれ。在米20年。元ジャニーズJr.。高校卒業後、
バイク便で留学費を稼ぎ、単身渡米。サウスカロライナ大学国際
政治学部卒業。在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。
イスラエル、ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。95年に広告
代理店業イタショーアメリカを創業。7つの会社を経営し、株式
公開直前までいったが、9・11の影響で沈没。多額の借金を背
負った。
現在は、アメリカン★ドリームパブリッシングなど3つの会社を
NYと東京で経営。
著書に「リベンジ人生道場」等。「グラウンド・ゼロ」はベスト
セラーに。
[PR]

by amedorinewyork | 2008-02-29 21:34 | ニューヨーカーの条件

ワシントンDCに行くという友人がいるので、
お勧めのお店を紹介します。

ワシントンDC、バルチモアと言えば、知る人が知る
ブルークラブ(わたり蟹)が名物なのです。

ここのクラッシク・スタイルというのは、
生きたブルークラブに、ケイジャンっぽい
しょっぱ辛いスパイスをたっぷり振りかけて焼きます。

このスパイスのしょっぱさと蟹肉の甘さが絶妙な
コンビネーションです。ビールがすすみます。

f0088456_16574673.jpg



写真は冬です。
丁度行った時は、水揚げが少なく、
スモールサイズしかなかったのですが十分なサイズです。

ちなみに、夏がシーズンのようですが
一年中食べられるようです。
季節にいけば食べ放題もやっています。

ハーフダーズン(6匹)で20ドルでした。

f0088456_16584593.jpg


木槌で豪快に割って食べるます。


生牡蠣やクラムは1個2ドルで良心的です。
サイズも大きく、とても新鮮でおいしかったです。
私は、レモンとカクテルソースをつけるのが好きです。
f0088456_1715795.jpg



ビールはなんと1缶2ドル50セントからでした。

DCに行ったら必ず行って欲しいお店です。

f0088456_1731748.jpg


f0088456_17104392.jpg




Dancing Crab ダンシング・クラブ
(クラブと言っても蟹の意味のクラブです。念のため)


The Dancing Crab
4611 Wisconsin Ave. NW / Washington, D.C. 20016
Restaurant: (202) 244 1882
http://www.dcseafood.com/dancingcrab/index.htm
[PR]

by amedorinewyork | 2008-02-28 17:05 | 旅行

雪ニモマケズ   豪華ゲストで大盛況!
第57回 月例NY異業種交流会 講師 大野俊三
 ゲスト:ヒロコ・グレース(タレント)、池端えみ(女優)
 
 第57回異業種交流会は大雪にも負けず、限定60名様の参加で盛大に行われました。

講師は日本人で唯一グラミー賞を2回受賞した不屈のトランペッター大野俊三さん。

トークの他に生演奏をもして頂きました。特別ゲストとしてタレントのヒロコ・グレースさんと女優の池端えみさんに参加して頂きました。また、なんと加山雄三さんの奥様でもあり、池端えみさんのお母さんある元人気タレントの松本めぐみさんもサプライズの飛び入り参加してくださいました。

 今回の会場は先日オープンしたばかりのイーストビレッジにあるゴーゴーカレーが食べられる「アメリカン・グリル」で、いつもと趣向を変えて行いました。

 恒例の参加者による自己PRコーナーでは、5人の方に、パフォーマンスの案内、新規ビジネス紹介など熱心にPRされていました。 寒い夜を吹き飛ばすような、熱気溢れる会で参加者すべての方に満足していただけたと確信しております。

f0088456_23245742.jpg


f0088456_23251873.jpg


f0088456_23253482.jpg


f0088456_23255212.jpg


f0088456_23265615.jpg


f0088456_2327947.jpg


[PR]

by amedorinewyork | 2008-02-27 23:27 | イベント・講演情報

昨日は突然の大雪でびっくりしましたが、今日は一転暖かい雨。
2-3週間は積もるだろうと思った雪は、1日で解けてなくなり
ましたね。

このまま春になってくれればいいのですが、NYの冬はそんなに
甘くないですよね。
今年の冬はいつ終わるやら。。。

さて、来週金曜日は異業種交流会です。

講師はグラミー賞を2回受賞した唯一の日本人、大野俊三さ
んで
す。トークのみならず生ソロ演奏もして頂きます。

また、特別ゲストとしてヒロコ・グレースさんがアメ★ドリ
初参加です!

ヒロコさんは、1歳でモデルデビューし、以後、テレビ・映画・
舞台・ラジオ・雑誌などでマルチに活躍。大の愛犬家としても知
られ、愛玩動物飼養管理士2級の資格を取得。また、ファイナン
シャル・プランナー(AFP)の資格を持つなど多彩に活動中です。

現在はニューヨーク在住で、NHKの「ニューヨーク街物語」
などにレギュラー出演されています。

私の大好きなタレントさんの一人です。

こちらヒロコさんのブログです。 
http://blog.eigotown.com/celeb/Hiroko_Grace/

盛りだくさんの内容で皆さまをお待ちしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第57回NPO「アメ★ドリクラブ」 
  月例NY異業種交流会 講師 大野俊三氏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NPOになって益々躍進中の「アメ★ドリクラブ」は、2月22
日に月例NY異業種交流会を開催します。

会場は先日オープンしたばかりのイーストビレッジにあるゴー
ゴーカレーが食べられる「アメリカン・グリル」で、いつもと趣
向を変えて限定60名様で開催します。

講演は、伝説のトランペッター大野俊三さんにお願いしました。

大野氏は74年、アート・ブレーキーの誘いでNYに渡り、ロイ・
ヘインズなどと共演。マチート&アフロキューバンズのアルバム、
ギル・エバンス・オーケストラのアルバムで2度のグラミー賞を
獲得しました。交通事故や扁桃ガンになり、トランペッターとし
ての致命的傷害を受けましたが、不屈の精神で見事に復活。
現在も世界のトッププレーヤーとして活躍しています。

そんな、NYの大先輩である大野氏に大いに語っていただきます。

恒例の参加者による自己PRコーナーも設けますので、宣伝した
いことがありましたらご活用下さい。

アメ★ドリは頑張る日本人を応援します。
ニューヨーク生活のきっかけはアメ★ドリから!

特別ゲスト:ヒロコ・グレース(タレント)

飲み物:ソーダ、ビール、ワイン(飲み放題)
食べ物: サーモンカルパッチョ、シュリンプカクテル、サイコ
ロステーキ、フライドカラマリ、チキンウイング、フレンチフラ
イ、パニーニ、パスタ、ゴーゴーカレー、フルーツ等(食べ放題)

日時: 2月22日(金曜日) 午後7時~9時30分
   (講演は午後8時から)
場所: アメリカン・グリル
   117 2 Ave. @ 7 St.
会費: 女性:特別会員35ドル、一般40ドル、
   男性:特別会員40ドル、一般45ドル(飲み放題食べ放題)

お申し込み: www.igyoshu.com 

特別会員に関しては http://igyoshu.com/join_form/member_benefit.htm

協力:Go!Go! CURRY、Karaoke Champ

限定:着席60名様

f0088456_14304112.jpg


f0088456_22513145.jpg







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ NPO「 アメリカン★ドリームクラブ」発足記念
 特別個人会員キャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

08年1月より、頑張る日本人を応援する「アメ★ドリクラブ」
は、NPO(非営利団体)「アメリカン★ドリームクラブ」とし
て改織されました。

よりよい会を目指すために、皆様方に広く寄付金を募ってまいり
ます。

会費の用途
* NPO組織運営費
* 各種セミナーやイベント等の拡充
* 会員がいつでも集える会館設立
* 起業家養成
* アーティスト養成
*「リトル・ジャパン」タウン構想の実現 など

個人の方には、異業種交流会やセミナーの5ドル割引や、3月
28日に行われる大使公邸での交流会など、特別会場での優先予
約の特典がある、特別個人会員を設けます。

発足記念キャンペーンとして、3月末日までは特別個人会員の
割引を実施いたします。プレミアム会員60ドルを40ドル、
プラチナ会員100ドルを60ドルとさせていただきます。

この機会に特別会員への加入をおすすめいたします。

今後は、提携企業の拡充により、レストラン、ショップ、ホテル、
医療などの優待割引店を拡充していきます。この機会をお見逃し
なく。

詳細やお申し込みはこちらからどうぞ
http://igyoshu.com/join_form/member_benefit.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■アメ★ドリNY異業種交流会公式サイト
 → http://www.igyoshu.com

■アメリカン★ドリームパブリッシング ホームページ
~頑張る日本人を応援する総合サイト~
 → http://www.amedori.net

■アメ★ドリ/LIVEの入手先は
 → http://amedori.net/about/amedori.htm
[PR]

by amedorinewyork | 2008-02-14 14:31 | イベント・講演情報

アメ★ドリクラブでは「East Village is Little Japan!」
キャンペーンを始めました。

これまでNYになかった「ジャパンタウン創設」の提案です。
詳細は下部をご覧下さい。

現在、アメ★ドリではこの地域の日系ショップや企業1軒1軒に
調査のお願いをしております。
まずは、この地域のビジネスの現状を把握したいと考えているか
らです。

この地域に日系の企業がどのくらいあり、どのような業種が多く
どんな特徴があるのか。今まであまり知られていなかったこの地
域の実情を明らかにしたいと思っております。

この地域でビジネスを手がけていらっしゃる方は是非、アメ★ド
リまでご一報下さい。 → info@amedori.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第57回NPO「アメ★ドリクラブ」 
  月例NY異業種交流会 講師 大野俊三氏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NPOになって益々躍進中の「アメ★ドリクラブ」は、2月22
日に月例NY異業種交流会を開催します。

会場は先日オープンしたばかりのイーストビレッジにあるゴー
ゴーカレーが食べられる「アメリカン・グリル」で、いつもと趣
向を変えて限定60名様で開催します。

講演は、伝説のトランペッター大野俊三さんにお願いしました。

大野氏は74年、アート・ブレーキーの誘いでNYに渡り、ロイ・
ヘインズなどと共演。マチート&アフロキューバンズのアルバム、
ギル・エバンス・オーケストラのアルバムで2度のグラミー賞を
獲得しました。交通事故や扁桃ガンになり、トランペッターとし
ての致命的傷害を受けましたが、不屈の精神で見事に復活。
現在も世界のトッププレーヤーとして活躍しています。

そんな、NYの大先輩である大野氏に大いに語っていただきます。

恒例の参加者による自己PRコーナーも設けますので、宣伝した
いことがありましたらご活用下さい。

アメ★ドリは頑張る日本人を応援します。
ニューヨーク生活のきっかけはアメ★ドリから!


日時: 2月22日(金曜日) 午後7時~9時30分
   (講演は午後8時から)
場所: アメリカン・グリル
   117 2 Ave. @ 7 St.
会費: 女性:特別会員35ドル、一般40ドル、
   男性:特別会員40ドル、一般45ドル(飲み放題食べ放題)
お申し込み: www.igyoshu.com 
協力:Go!Go!CURRY、Karaoke Champ

限定:60名様

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ジャパンタウンをNYに創ろう!
  「East Village is Little Japan!」キャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NYには、チャイナタウンやコリアンタウンなどあらゆる人種の
街があります。しかし、世界中で一番多く日本人が住んでいるに
も関わらず、NYにはジャパンタウンとして広くアメリカ人に認め
られた場所がありません。

日本ブームが盛り上がっている今こそ、NYにジャパンタウンを
創出し、アメリカ人や世界の人々へ日本の情報を発信していきま
せんか。

NPO法人「アメリカン★ドリームクラブ」では、「East Village
is Little Japan!」キャンペーンを展開していきます。


NYの中で、日本の街として一番ふさわしい場所はイーストビレ
ッジであると考えます。なぜならば、NYの中で日本レストランや
ショップが最も集中しているのがイーストビレッジだからです。

また、先人の努力もあって、かつては日本の祭りが行われたりと
日本人の活動が最も活発な場所でもあります。

歴史的に見ると、セント・マークスを中心としたイーストビレッ
ジには、若い日本人が「アパートが安い」などの理由で住むよう
になりました。

80年代には、麻薬取引とホームレスの聖地として有名になったこ
ともあり、日本人ビジネスマンやその家族からは敬遠されるよう
になりました。

しかし20年後の今は、安全でトレンディな若者の街に生まれ変わ
っています。

観光スポットにもなっており、週末となると大型観光バスが止ま
って世界各国から来た観光客で賑わっているのが今のイーストビ
レッジです。

「East Village is Little Japan!」キャンペーンは今後、観光
局やニューヨーク市、各メディアなどにも連携を呼びかけ、活動
を広げていきます。

「ジャパンタウン」創出にによってこの地域に日本の情報や資源
が集中すれば、情報発信活動はより効果的なものとなります。

また起業家の輩出や雇用の促進にも役立ち、ビジネスの広がりが
期待できます。

NYで暮らす日本人にとっても海外生活をより安全で快適に過ごせ
る拠り所となります。

アメリカン★ドリームクラブは、ジャパンタウン創出を通じ
て日系コミュニティーの発展に貢献できればと思っております。

広くこの活動の支援者を求めます。

ご意見、ご支援をお待ちしております。
info@amedori.net

***
現在、アメ★ドリではこの地域の日系ショップや企業1軒1軒に
調査のお願いをしております。
まずは、この地域のビジネスの現状を把握したいと考えているか
らです。

この地域に日系の企業がどのくらいあり、どのような業種が多く
どんな特徴があるのか。今まであまり知られていなかったこの地
域の実情を明らかにしたいと思っております。

この地域でビジネスを手がけていらっしゃる方は是非、アメ★ド
リまでご一報下さい。 → info@amedori.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

by amedorinewyork | 2008-02-09 08:17 | NY 情報

第4回
「ニューヨーカーの条件」

首の皮1枚。しぶとく生きよう。


気がつけば今年で在米20年になる。まさかこんなに長くなる
とは思わなかった。日本では落ちこぼれのレッテルを貼られた不良少
年だった私は、高校卒業後、バイク急便で留学費を貯めてアメリ
カに渡った。

成り上がりを目指して、とにかく大学時代は勉強した。大学卒業
後は、サウスカロライナの田舎から、大志を抱いて、ニューヨー
クに渡った。

ニューヨークでは出版社へ就職したが、希望の編集職にはつけず、
元気がいいという理由で、広告営業部へ配属された。

「やるからには一番になって見せるぞ」と希望の職には就けなか
ったが、寝てもさめても営業のことだけを考えていた。

人間やればできる。奇跡的にも3ヵ月後には営業のトップになっ
てしまった。社会人1年目はこんなに甘いものかと思いながらあっ
という間に一年が経ってしまった。

1995年というのいは、アメリカでは俗に言うインターネットベン
チャー草創期。ヤフーやアマゾンなどはこの年に誕生した。

「ジョージが独立するならついていくよ」と同僚だった3人に後
押しされた。

もう少しサラリーマンを続けて、社会勉強をさせてもらおうかと
思ったが、こんな時代はもうこないだろうと世の中の気運もあり、
1995年にニューヨークで起業した。

若さに任せ、勢いと気合だけでビジネスを推し進めた。ネットバ
ブルの追い風に乗り、最年少上場を目指し巨額の投資を集め、
事業は順調に進んだ。俄かミリオネアを味わった。

しかし、ネットバブルは崩壊、そして忌まわしいニューヨークを
襲った同時多発テロに止めを刺され夢は終わった。

巨額の借金を抱えて、従業員も信用も失い、何よりも自分自身で
ある自信を失った。

生きている意味を感じなくなった。

今だから言えるが、このアメ★ドリ創刊直後も、6ヶ月の家賃を
払えず事務所は強制退去。社員は解散。ビジネスホームレスにな
ってしまった。

冗談にならないが、私が主催する異業種交流会は、毎回私の送別
会だと思って泣く泣く開催していたのだ。

私の恩人は言う「人生は七転び八起き。首の皮一枚繋がっていれ
ば何とかなる」と。

最悪の状況は4年半続き、そのあとのリハビリにも1年かかった。

長い鬱ともやっと別れを告げられたのもごく最近のことである。

ニューヨークで生き残る条件は何か―。私は「しぶとく生きる」
とつくづく思った。

つらい時、何度も投げ出そうとした。自殺したいと何度も考えた。

しかし、日本へ帰りたいとはなぜか思わなかった。

こう言う時は、頑張ろうと思えば、余計につらくなる。

だからいい加減に生きる努力をした。人に迎合することなく自分
自身に素直に生きる。

例えそれがお金になるようなことでも、自分では気に入らないと
思ったことはしない。

自分の魂に素直に生きると決めたのだ。継続していればなんとか
なるものだ。

それをこの数年で学んだことだった。



板越ジョージ (起業家・作家)
東京・葛飾生まれ。在米20年。元ジャニーズJr.。高校卒業後、
バイク便で留学費を稼ぎ、単身渡米。サウスカロライナ大学国際
政治学部卒業。在学中にバックパックを背負い世界35カ国を放浪。
イスラエル、ロシア、チェコ、グアテマラにも留学。95年に広告代理
店業イタショーアメリカを創業。7つの会社を経営し、株式公開
直前までいったが、9・11の影響で沈没。多額の借金を背負った。
現在は、アメリカン★ドリームパブリッシングなど3つの会社を
NYと東京で経営。
著書に「リベンジ人生道場」等。「グラウンド・ゼロ」はベスト
セラーに。
[PR]

by amedorinewyork | 2008-02-07 05:27 | ニューヨーカーの条件

NPO法人「アメリカン★ドリームクラブ」
特別個人会員キャンペーン


 08年1月より、頑張る日本人を応援する「アメ★ドリクラブ」はNPO(非営利団体)「アメリカン★ドリームクラブ」として改織されました。

 発足記念として、3月末日までは特別個人会員のキャンペーンを行います。

 プレミアム会員60ドルを40ドル、プラチナ会員100ドルを60ドルに割り引きます。

 特別会員のベネフィットして、異業種交流会やセミナーの5ドル割引、特別会場での優先予約、アメ★ドリ無料購読などです。

 今後は、提携企業の拡充により、レストラン、ショップ、ホテル、医療などの優待割引店を拡充していく予定です。 この機会をお見逃しなく!

「アメリカン★ドリーム」 2月号より
[PR]

by amedorinewyork | 2008-02-01 10:35 | イベント・講演情報