アメ★ドリ2010年2月号より

「アメリカのホテルを日本のホテルと思うなかれ」その24 by 奥谷啓介

「ドアマンの役割-さようなら、松井選手」


松井選手がニューヨークヤンキーススタジアムでの初めてのデビュー戦で満塁ホームランを打ってから久しい。あの一発にニューヨーク中が沸きかえった。ときを同じくして長嶋名誉監督がNHKの取材でニューヨークにお越しになりプラザにチェックインした。私がエスコートからもどると、ヤンキース広報担当で松井選手と行動を共にされている方から電話が入った。「これからプラザの部屋で松井が長嶋名誉監督と対談をするんです。松井は自分の車でホテルに乗りつけます。大変申し訳ないんですが、しばらく車をとめさせていただけませんか?」

私はあわてて五番街のエントランスへとかけ下りた。プラザのドアマンは決して車をホテルの前に駐車させない。私が車を見張るからということで頼みこまない限りは“ピーッ”と笛を吹いて向こうへ行けというジェスチャーをしてしまう。松井選手も同じ扱いをされるだろうと私は慌てたのだ。ところが下りてみると、すでに松井選手の車はエントランスに横付けにされていた。“間に合わなかったか”と、がっかりした私だが、それにしてはどうして車だけ置いてあるのだろうかと首をかしげていると、ドアマンが私のもとへやってきた。「ゴジラの車は俺があずかることにした。これがキーだ。だから安心しな」と、人さし指で車のキーをくるくると回している。

前日の一発で大スターになった松井選手の顔はすでに新聞の一面で取り上げられてみんなに知られていた。普段は冷たい態度をとるドアマンだが、相手がニューヨークで最も熱い男、松井選手とあっては、そんな態度はとれない。喜んで鍵を受け取ったという経緯だった。後にも先にも、ドアマンにこんな特別扱いされた人を私は知らない。

アメリカのドアマンはしかめ面をしている人が多い。ホテルを利用しに来る人はお金を使ってくれる人だから、もちろん大歓迎。しかし、用もなしにふらっと入ってくる人がいると、匂いをかぎ分けてにらみをきかす。それで敷居が高くなって入れなくなってしまう人が結構いる。彼らはガードマンとしての役割をも担っているのである。


著者紹介
奥谷啓介 2005年春、ニューヨーク・プラザホテルの閉館とともに、21年間のホテル歴に終止符を打ち文筆家に転向。「男の隠れ家」、「日刊ゲンダイ」等でエッセイを掲載。著書に「世界最高のホテル プラザでの10年間」(小学館)、「海外旅行が変わるホテルの常識」(ダイヤモンド社)、「サービス発展途上国 日本」(オータ パブリケーションズ)がある。NYでは紀伊国屋書店にて発売中 www.okutanikeisuke.com

応援クリックお願いします!←応援クリックお願いします!

mixiやってます。「ニューヨーク会」で検索して下さい。気軽にマイミク申請を!

日米イベント情報
第80回 月例ニューヨーク異業種交流会  2月19日(金)
ラッフル大会、藤田理麻氏 (画家)


第18回 NYビジネスセミナー 2月24日(水)
「米国飲食店の見方、考え方」 臼井勝彦氏(サッポロビールUSA)


第10回 東京NYアメ★ドリ交流会  4月16日(金)
大橋弘昌氏 NY州弁護士、「負けない交渉術」著者


過去の映像はYoutubeにアップしてます!

アメリカ会社設立など、米国進出お手伝いします詳しくはこちらから
[PR]

by amedorinewyork | 2010-02-04 08:21 | 月刊 アメ★ドリ

アメ★ドリサイト一部引越しのため、こちらに掲載しました。


2006年にはこんなことを書いてました。
3つの誓いは今でも続けてます。

発刊4周年、異業種交流会40回の節目にあたり
2006年9月1日号より



アメリカン★ドリーム(通称アメ★ドリ)は、 9 月 1 日発行号で 4 周年を迎えます。
アメ★ドリが主催する異業種交流会も、 9 月の会合で 40 回目となります。
ここまで来られたのは、ひとえにコミュニティーの皆様の暖かいサポートのお陰と深く感謝いたします。

アメ★ドリが創刊したのは、世界同時多発テロから約 1 年後の 02 年 9 月1日でした。
NYに暮らす人なら、誰もが多かれ少なかれ、テロのダメージを受けたことでしょう。私もそうでした。

あの後しばらくしてからロサンゼルス支店を閉鎖し、NYまでの道を一人、車で走りました。
広いアメリカ大陸を横断しつつ、私は孤独と向き合っていました。
NYに戻ってからはいろいろな人に話しを聞きました。誰もが孤独と不安に苦しんでいました。

あの頃NYに住む日本人は、駐在員の方などを除き、ほとんどネットワークを持っていませんでした。
だから人一倍孤独を感じ、不安になったのです。

私はNYの日本人コミュニティーをつくり、頑張る日本人を応援したいと強く思いました。
その思いを形にしたのが「アメリカン★ドリーム」です。アメリカン★ドリームという名前には、
夢を諦めずに頑張ろうという気持ちを込めています。

発刊と同時に、同じ日本人同士が直接会って話しができる場所を作ろうと、異業種交流会も始めました。
不定期で行っていましたが、たくさんの方々に参加していただき、今では月例会として毎回 40~60 人、
多いときは 100 名を超える大規模な交流の場に成長しました。

過去に参加していただいた約1800名の方々がメーリングリストとして登録されています。
5年前のようなことは二度とおきて欲しくないと、心から思います。

でも、もし万一、あのような緊急事態が起こったときは、この媒体を使い、
また異業種交流会のメンバーリストを介して、安否の確認や非難情報などを発信していきたいと
考えています。互いの安否を確認し、情報を交換し合う場として活用したいと考えています。
「アメ★ドリ」のネットワークは、NYに暮らす日本人をつなぐ絆なのです。

NYには最近、アメリカでの永住を希望する若い日本人が増えています。
私たちは彼ら・彼女たちを「新日系人」と呼んでいます。

団塊の世代では、定年を機に日本を離れ、第二の人生をアメリカでスタートさせる人たちが出てきています。この春には 60 歳代を応援する企画として、ハーレーに乗ってルート66を通ってアメリカ大陸を横断する
企画を成功させました。

年齢を問わず、性別を問わず、NYから一人でも多くの成功者、アメリカン・ドリーマーが誕生することを
心から願っております。

これからもアメ★ドリは3つのことを使命とし、努力を続けてまいります。

(1) ドリーマーたちの応援
(2) 日系コミュニティーへの貢献及び日米の架け橋
(3) 日本文化の伝承


これからも「アメリカン★ドリーム」を、どうぞよろしくお願いいたします。

アメリカン★ドリーム 発行人 板越ジョージ
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-17 10:07 | 月刊 アメ★ドリ

アメ★ドリサイト一部引越しのため、こちらに掲載しました。


2006年1月1日号 新年号

フリーペーパーが群雄割拠するニューヨーク。NYで日系企業が増えているわけでは決してないけれど、
新しいフリーペーパーは次から次へと誕生し、既存のフリーペーパーも様々に姿を変えています。

アメ★ドリもこの4年間で装丁も中身もずいぶん変わりました。
しかし「頑張る日本人を応援する」という目的は創刊以来一貫しています。

テロから1年後の2002年、頑張る日本人を応援したいという気持ちからアメ★ドリを始めました。

アメリカン★ドリームという名前には、夢をあきらめずにがんばろうという気持ちを込めています。
私自身、テロは人生の中でも一番つらい経験でした。億単位にのぼる負債を抱え、
社員を解雇するなど多くの人に迷惑もかけてしまいました。

あれから4年。日本の株価は2005年末に連日の年初来高値を更新しました。
年末ボーナスの伸びも15年ぶりの高水準だったそうです。
NYにいても、日系社会は日本の景気に大きく左右されます。
その日本経済は今、確実に回復基調にあります。今年こそは期待できると誰もが思っていることでしょう。

私たちも同じです。アメ★ドリは2006年、前へ前へとチャレンジしていきます。
今年は再び日本の大手出版社やIT企業と戦略的業務提携を結び、日米の架橋になるメディアを
目指します。出版事業やウエブ事業にも取り組む予定です。

アメ★ドリはこれまで、日系コミュニティー形成を目指し、定期的に「異業種交流会」を企画運営してきました。参加者のメーリングリストは1500名を超え、日系最大のビジネスネットワーキングの場に成長しました。

12月の忘年会には80人限定の会場に112人が集まりました。
2月にはタレント発掘のジャパニーズタレントナイトを行い、CBGBで300名を集客しました。
微力ではありますが、NYで確実に日本人のコミュニティー形成に寄与していると自負しています。

1996年に創刊した元祖フリーペーパー「Live」も復刊できました。
NYに住む日本人が健やかで充実した生活を送るための情報を盛り込んだものです。
こちらも医療機関の方々と連携をとりながらより一層、内容を充実させます。

アメリカン★ドリームの名に恥じぬよう、私たちも夢を追い続けます。
まだまだ未熟ではありますが、皆様にご意見をいただきつつ、成長していきたいと考えています。
本紙およびamedori.net をどうぞよろしくお願いいたします。

板越ジョージ
アメリカン★ドリームパブリッシング 発行人

2006年1月1日号より
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-16 06:04 | 月刊 アメ★ドリ

アメ★ドリサイト一部引越しのため、こちらに掲載しました。


2004年の正月にはこんなことを書いてました。



今年の主な事業・企画 2004年1月1日号より

アーティスト応援活動

 これまでもアメ★ドリ誌面を活用して様々アーティストを応援、プロモートしてきましたが、
今年は在NY音楽会社YWA社との共催で「スター誕生!」のようなタレント発掘イベント
「ジャパニーズ・タレント・ナイト」を日本大手レコード会社から協力を得てNYで企画する予定です。

 同活動には、Mark Kamins氏(マドンナを発掘、プロデュースし、倉木麻衣のUSデビューの製作
なども手がけた)、 Joe Serling氏(音楽専門弁護士事務所「Serling Rooks & Ferrara」のCEO。
MobyやCreed等の有名ミュージシャン達の顧問弁護士)や、Chip Rachlin氏(30年以上の音楽業界
での経験を持ち、The Beach BoysやDavid Bowie、Eagelsなどをプロデュース)などがすでに
アドバイザリーボードとして参加しています。

ビジネス・インキュベーター

これからアメリカで事業を興そうとする日本人を応援します。具体的にはビジネスアイディア・プランを
広く公募し、それぞれに適した資金調達やビジネスパートナー探しなどに協力します。このことにより、
新たなビジネスの創出、雇用拡大に役立ちたいと考えます。

日系コミュニティー活動支援

アメ★ドリは日系コミュニティーの情報交換の場になる雑誌を目指し、実際に人々がふれあえる
「異業種交流会」も企画運営してきました。参加者はこれまでに400名を超え、
日系最大の異業種交流会に成長しました。今年も交流会を継続するとともに、
新しく「ジャパンタウン計画」も実行に移す計画です。日本の優良企業、
人気店を集めたJタウンのプロディースを視野に入れております。
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-15 10:02 | 月刊 アメ★ドリ

アメ★ドリサイト一部引越しのため、こちらに掲載しました。


2003年の正月にはこんなことを書いてました。


希望と貯蓄の年
2003 年1月1日号


トム・ハンクス主演の「フォーレスト・ガンプ」は僕が好きな映画の一つだ。
この中に忘れられない印象的な1フレーズがある。
主人公のフォーレストがNYで知合ったばかりの売春婦と新年を迎えようとしていたときのことだ。
売春婦はカウントダウンの途中で、次のようなせりふを言う。

「Everybody gets a second chance」

だれにとっても新しい年はセカンドチャンスである。売春婦であろうと今日が過ぎれば明日を迎える。
新年は皆にとってやり直しのチャンスなのだ。

前著「グラウンド・ゼロ」にも書いたが、2002年は2001年のテロで負った傷を克服するため
に費やした1年だった。NYに暮らす人なら、誰でもが多かれ少なかれテロのダメージを受けたことだろう。

私の場合はベンチャー企業だけに、その影響は甚大だった。
2002年の2-3月までに最悪の事態を乗り切れば、夏以降には回復するとの予言を信じて
がむしゃらに突き進んだ。この「アメリカン★ドリーム」はそうした状況下で2002年9月1日、創刊した。

日本経済は不況という長いトンネルの中で相変わらずもがき苦しんでおり、
テロ後に持ち直したかのように見えたアメリカ経済も、エンロンやワールドコムの不祥事などを
契機に再び厳しい状況を迎えている。失業率は、日米ともに過去最悪の水準となっている。

僕たちが身を置く広告業界は、交際費と同様、景気悪化で最初にカットされる費目であり、
景気の動向には非常に敏感だ。

新しく迎える2003年を楽観視することは難しいが、僕は希望を持っている。
新年だからといって「今年こそは飛躍の年に」などと能天気に期待することはできない。
でも新年がセカンドチャンスだという思いと、「不況の時こそチャンスだ」という意識はある。

逆境の時にしっかりと力を蓄えたものが最後に勝つ。
僕はこれまでの経験で、チャンスは意外なときにやってくるということを学んだ。

例えば99年や00年前半は、自分が断っても断っても億単位の投資話や提携話が持ち込まれていた。
だが今考えてみるとこれは、一方的に幸運が飛び込んできたわけではなかった。

それまでの数年間にわたる努力や種まき、つまり自分の中に貯蓄があったからこそ、
それをエネルギーにして幸運をつかむことができたのだ。

僕は2003年を「希望と貯蓄の年」と捉えることにした。

景気の悪い時に、言ってみれば世の中の循環が良くない時に無理やり何かを変えようと
頑張っても達成することは難しい。2-3年耐えればまた、いい時は必ずやってくる。

そのときに波に乗れるよう、準備をしておく充電の時期と決めた。
まずは自分のための時間を作ろうと思う。この数年間忙しくできなかったことをもう一度やって
みようと考えている。

ジムに通って体力と健康を取り戻したり、会計学をもう一度基礎から勉強してみたり。
社長業のかたわら執筆業にも精をだしたい。そのためには本をたくさん読んで語彙を増やし、
たくさんの人に取材をして見識を広げたい。
人生は挑戦の連続だ。力を蓄えて来るべき挑戦の時を迎えよう。
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-14 09:24 | 月刊 アメ★ドリ

アメ★ドリサイト一部引越しのため、こちらに掲載しました。


創刊1周年ではこんなことを書いてました。



創刊1周年 
よく『なぜアメ★ドリを創刊したのか?』を聞かれる
2003年9月1日号


15年前に僕は夢を求めて海を渡った。
日本では落ちこぼれの烙印を押されリベンジを誓ってのことだ。

寝ずにバイク便でお金を稼ぎ全く英語も話すことができなかった。
サウスカロライナ大学を卒業し、手持ちのわずかな資金で95年に独立起業をはたした。
当時二六歳。若さにまかせて勢いに任せてがんばった。

いくつかのアイディアもあたり数億になる巨額の投資を集め、ビジネスは順風満帆だった。
しかし、2000年の暮れよりITバブルの崩壊してから雲行きがおかしくなった。
そして、9.11にとどめをさされた。多大の負債を残し、たくさんの方々に迷惑をかけてしまった。
僕にとっては負債よりも精神的なダメージの方が大きかった。
一生懸命に築いてきたものが一瞬にして消えていく。
破壊は一瞬であった。

自分自身を見つめるためにアメリカ大陸横断の旅にもでた。
成功の証だった高級車は事務所の家賃に消えた。取引先も冷たくなり、
自己破産まで考えた。

踏みとどまれたのは、ニューヨークで出会った人たちのお陰だ。
同じように夢を持ってアメリカに渡り、自力でビジネスを切り開いてきた「新日系人」たちが、
テロの混乱の中、奮闘をしていた。
マンハッタンは死なないを復興の合言葉に結束を固めて頑張った。

前置きが長くなったが、そんな中アメ★ドリの創刊を誓った。
NYのために何かがしたい。NYに住む日本人のために何かがしたい。
頑張る日本人を応援したい。商業的なフリーペーパーが乱雑するなかで、
日系コミュニティーの情報交換の場、ひときわ「人」に焦点をあてた。

また、次の災難があったときに助け合いたい。役にたちたい。
僕の拙著「グラウンド・ゼロ(扶桑社刊)」にも書いたが、あの9・11の時、
日系コミュニティーとして災害に関して新日系人(現地に住む日本人)としてなすすべがなかった。
アメ★ドリ主催の異業種交流会もそんななか発足をした。

最後になるが、こんなわがままな弊誌をここまで支えてくれた広告スポンサーへ心からお礼をいいたい。
フリーペーパーはスポンサー企業でなりたっています。
また、いつ倒産してもおかしくなかった当社を支えてくえた社員、インターン生に感謝をしたい。ありがとう。

これからもアメ★ドリは日系コミュニティー活性化のため、
頑張る日本人を応援できるフリーペーパーとしてがんばります。
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-13 09:28 | 月刊 アメ★ドリ

アメ★ドリサイト一部引越しのため、こちらに掲載しました。


創刊2号目ではこんなことを書いてました。



9・11スペシャル号 2002年9月11日号

早いものであれから1年がたとうとしている。

私はあの時、マンハッタンから川を隔てたニュージャージーの自宅ベランダで、
崩れていくWTCを呆然と眺めていた。
あの事件をさかいに、NYに在住をしているすべての人々の取り巻く環境が変わった。

残念ながらたくさんの仲間達がNYでの夢をなかばで日本に帰国をした。
大げさな言い方かもしれないが今ここにいる自分を振り返り「生き残った」という気持ちでいっぱいである。

テロ後、不意のどん底にいた私を救ってくれたNYのために何ができるだろう。
私をはげましてくれた日系コミュニティーに何ができるだろう。
また、あのような惨事が起きたときに我々日本人コミュニティーとして何ができるだろうか。

アメリカに着たばかりの人はやたらと日本人をさけたがる。
その気持ちは私にもわからないことはない。私は在米15年になるが、
そんな時期もあったことを認める。しかし、同じ日本人で無視するのもおかしい。

アメリカは、それぞれが自らのアイデンティティと文化を持った、人種社会の統合体である。
そして、このローカルな基礎があってこそ、グローバルなアメリカ社会が成り立っている。
この構造を理解できなければ真のグローバリゼーション(国際化)は到底理解できないし、
ダイナミックにビジネスを成功させることはできない。

ここに住む日本人がお互いに成長できるような環境を作りたい。
コミュニティーの意見を交換のできるような環境を作りたい。
そんな思いでこのアメリカンドリームを創刊をしました。
ニューヨークエリアでのナンバー1の情報誌として社員一同邁進いたします。

今後ともアメリカンドリームをよろしくお願いいたします。


応援クリックお願いします!←ブログランキングに参加してます。応援クリックお願いします!
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-12 11:08 | 月刊 アメ★ドリ

アメ★ドリサイト一部引越しのため、こちらに掲載しました。


創刊号ではこんなことを書いてました。

懐かしい文体だ。若かった。。

元気があればなんでもできる!2002年9月1日号

最近、大きな格闘技イベントになると必ずアントニオ猪木さんが登場してきて、
「元気ですかー!元気があれば、なんでもできる」っていうでしょ。

はじめはつまんねーギャグ、まったく意味わかんねーよと思った。
だけど、あの言葉の奥深さがいまやっとわかった。

元気とは、前に進む勇気を持つことだと。
昔はただイヤなことは忘れようとしてた。お酒を飲んだり、バカ騒ぎをしたりね。
それじゃあ、なにも解決しないし、前に進めないんだよね。

これをしなきゃと焦りまくるよりも、自分を元気にすれば体は自然と前に出るんだな。
自分を鼓舞できる方法を見つけるんです。なんでもいいんだ。

ボクなんか最近、猪木や桜庭和志の入場テーマ曲を持ち歩いてます(笑)。
落ち込んだときとか営業に行く時なんかに聞くと、血が沸騰してくるんだよね。
単純でしょ。これ結構効果あるんで試してみてよ。

怒涛のごとく!?アメリカン★ドリームの創刊号を無事発刊することができました。
これも、全く企画だけを信じてくれたキトクなスポンサーの皆様、
そして給与が安いのに連日徹夜をしてくれた社員に感謝感謝です。

これからも隔週アメリカンドリーム(通称アメ★ドリ)をよろしく!
[PR]

by amedorinewyork | 2010-01-11 11:30 | 月刊 アメ★ドリ