2007年 夢・前進

私は毎年、年頭に新年の指針を決めています。

1年間の進むべき道が決まるからです。

私はこれを「おもい」と呼んでいます。私の恩師の1人はこの「おもい」を「念い」と書きます。

師曰く、人間には、自分が思っている環境を作り上げる能力があります。どんな状況においても、自分がこうなりたいと思う状況をイメージし、寝てもさめても、その状況を意識し続ければ必ず成就します。

そう、夢は現実になるのです。

昨年の指針は「飛躍と成長」でした。

私は高校卒業後渡米し、26歳で起業、そして33歳で倒産という憂き目を味わいました。
長らく苦闘しましたが、そこから抜け出す時が来たと感じ、飛躍を目指しました。

そしてまず、人脈作りに努めました。1年を振り返り、その念いを達成できたのではないかと感じています。

例えば団塊世代の方々とのすばらしい出会いのもと、ルート66をハーレーで大陸横断し、 全米旅行産業協会から06年度最優秀米国取材賞を貢献受賞できました。

秋にはイーストビレッジに日本文化を紹介できるショップをオープンし、たくさんの人と触れ合う機会を得ました。

そして弊社が主催するアメリカン★ドリーム倶楽部(通称アメ★ドリ倶楽部)は、忘年会で前年を上回る200名にご参加いただき、櫻井総領事大使がゲストにいらっしゃるほどまでに成長しました。

私の今年の指針は「夢・前進」です。

07年は、06年に築いた人とのつながりを戴せ悦にしながら、さらに一歩ずつ確実に前に進みたいと思っています。

1つの節目は6月3日の日本祭り「Japan Day @ セントラルパーク」です。
総領事館が主催して開催されるこの祭りでは、アメ★ドリ倶楽部も全力で応援し、成功させたいと思っています。

日本人同士の団結をより一層強固なものとし、アメリカに暮らす方々に日本の素晴らしさ伝えられば、と思っています。

これからも弊紙「アメ★ドリ」と「アメ★ドリ倶楽部」の活動を通して、海外で頑張っている人を応援し、地域社会に貢献し、そして日系コミュニティーの繁栄に役立てるよう、一生懸命頑張る所存です。

皆様、ご支援の程よろしくお願いいたします。

板越ジョージ
アメリカン★ドリームパブリッシング
発行人兼編集長
[PR]

by amedorinewyork | 2007-01-04 07:37 | イベント・講演情報

<< 新年のご挨拶 byドン岩谷(ア... 新年会のお知らせ >>